あおいろ濃縮還元

虎視眈々、日々のあれこれ

2023年目標

今年の目標。のびのびとしたいい大人になりたい。なんかわかんないけどあの人いつも楽しそうだよね、とひそひそ噂されるような。それでいて凛とありたい。本をつくりたい。小説なのかエッセイなのかはまだ決めていないが、紙質にこだわったりなどした本をつ…

結婚準備記③

プロポーズを受けた昨年8月に手探りで結婚準備を始め、年末にようやく式場の決定にまで至った。自分の備忘録と、同じような境遇のだれかの参考になればと思って書き留めておく。 前回は式場見学×2、それを踏まえて決めた式場探しの指標、アフターブーケ、両…

年末年始、食い道楽

私はどうやら「食い道楽」なのかもしれないと思う。胃袋は大きくないし弱いくせに、男子高校生ばりに食いしん坊だし、旅先でもきれいな景色を差し置いて食べ物のことばかり考えている。ランチを食べ終えて午後の業務中にはもう、冷蔵庫のなにを使ってなにを…

女ふたり限界ユニバ

(女ふたり限界京都 - あおいろ濃縮還元←前回「女ふたり限界京都」はこちら) 6時のアラームで目覚め、られるはずもなく、スヌーズで渋々起きた。泊まっているホテルユニバーサルポートの部屋からはなんとパークが見えて、ホグワーツ城の塔を眺めながら朝食…

2022年総括

2022年に読んだ本・漫画・絵本、観た映画・ドラマ・アニメ・リアリティーショー、行ったライブの総括です。 (2021年総括 - あおいろ濃縮還元)←昨年はこちら 今年いちばん好きだと思った絵画、国立西洋美術館の常設展より、ヴィルヘルム・ハンマースホイの…

だめな日も愛す

頭が痛い。おおかた気圧のせいだと思う。社会人になってから自律神経がトチ狂い出して、気圧の変化にめっぽう弱くなった。こういう時の私の頭って、飛行機の中でぱんぱんに膨らむポテトチップの袋みたいになっているのかもしれない。 コロナ禍にあってステイ…

グラデーション

じぶんの性について考えることが色々とある。男性としか付き合ったことがないし、男性ともうすぐ結婚する予定だからシスヘテロの人間であるとみなされがちなんだけれど、私は普通にバイだと思う。でも単なるバイセクシャルではない気がするので、声高にバイ…

女ふたり限界京都

女ふたりで限界関西旅行をした。 京都市京セラ美術館のアンディ・ウォーホル・キョウトという展示を見たい、と関東住みの友人が言ったので、じゃあ行こうぜと東海に住んでいる私は答えた。フッ軽ここに極まれり。ワーキングプアの私と休職中の友人は、休みの…

結婚準備記②

結婚準備を進めている真っ最中だが、身近にあまりロールモデルがおらず、ゼクシィとネットとフォロワーの皆さんに頼ってなんとか手探りでやっている。自分の備忘録と、同じような境遇のだれかの参考になればと思って書き留めておく。 前回はプロポーズについ…

カニが死んでいる

通勤途中、どこからかやってきたサワガニがアスファルトの上で死んでいた。土地柄、小さなカニが干からびたり潰れたりして道で野垂れ死んでいるところをたまに見かけるけれど、故郷の海を離れてアスファルトで死ぬカニはどんな気持ちだったろうと妙にはてし…

結婚準備記

25歳、第一次結婚ラッシュの波が静かに押し寄せてくるのを感じている。かくいう私も結婚準備をすすめている真っ最中。 まだ同い年で結婚した友達がひとりしかおらず、婚約してから何をすればいいのかのロールモデルが身近にいない。ゼクシィとネットに頼りな…

3万円の羽を買う

くすんだパステルブルーの自転車を買った。こういう色の自転車があればいいな、と思っていたドンピシャの色合いに巡り会って、即決で連れ帰ることにする。自転車通学をしていた高校生の頃、まったく趣味ではないおさがりの赤黒いチャリに乗っていたけれど、3…

青いストロー

私にとっては大きな仕事の区切りがようやくついて、ご褒美にコメダへ行くことにする。このところ、仕事中はパソコンにかぶりつき、帰ってからは22時に寝支度を終えられるように計画的に家事をこなす日々で、充実はしても疲れは溜まる一方であった。私は自分…

引力

うわっ、この人、私のこと好きになりそう。 今の彼氏と初めて会った瞬間、ほんとうにそう思った。「私、この人のこと好きになるかも♡」ではなくて。「この人みたいな系列の顔の男、大抵私のこと好きになるんだよな……」と一ミリも好かれてないのにげんなりす…

伊勢志摩めぐり

コロナ禍にあって、旅行エッセイやブログを読み漁ることが増えた。旅行に出かけたくてたまらない気持ちを、文章で疑似体験することでやり込めている。私みたいな人もいるだろうと思うので、こないだ初めて行った三重でのできごとを書く。 伊勢神宮は5時から…

大雨のあとで

川が程近いせいか、大雨が降ったあとの街は、駅に着いた瞬間から硫黄のような匂いがした。電車で数駅のこの街へは数ヶ月に一度、婦人科へ漢方薬をもらいに行くときだけ降り立つ。私の住んでいるところよりもほんの少しだけ栄えていて、道行く高校生も心なし…

赤い糸

バチェロレッテ2にハマっている。見る前は、1があまりにも良すぎたから2はどうかなーとか散々言っていたけど、1は殿堂入りしたものとしてもう旅番組として見ようと思った。そうしたらまんまとこの有り様である。バチェロレッテは、男同士の友情が見れるから…

VOTE

選挙に行って外食するモー娘。の曲を私はリアルタイムでは聴いていなかったんだけど、それでも、選挙のときは同棲している彼氏と投票デートに出かける。せっかく同じ投票所に行くことができるので楽しまない手はない。今回は蕎麦を食べに行き、投票し、ユニ…

東京美術館はしごログ

こないだ、アーティゾン美術館と国立西洋美術館へ行った。アーティゾン美術館では、フランシス・ピカビアの「アニメーション」という絵につよく惹かれた。ここでいうアニメーションって日本のアニメのことではなく、多分ラテン語のアニマ(生命みたいな意味…

小川

いい感じに綺麗にまとまった文章を狙って書こうとすると、媚びたペラペラの文字列ができあがってしまって反吐が出そうになるので、取り繕わずに、そのまんま、フリースタイルで書けるようになりたい。その練習をしたい、錆つかないように。今日は仕事だった…

死んでもいいと思いながら踊った

踊るつもりはなかった。6月29日、代々木第一体育館、大好きなバンドのライブ。最高気温は41度にものぼるという暴力的な猛暑にくわえて、花粉症とPMSであんまり体調も万全じゃない。そろそろ無茶がまかり通る年齢でもない。徹夜明けでモッシュピットに突っ込…

甘い水

充実した休日を過ごした。31日お試し加入しているU-NEXTで、ずっと気になっていた「レディバード」を観る。私はこういう、ナード系主人公のティーンものが大好き。背伸びして煙草を吸ってみたり、初めての恋人に浮かれまくって痛い目を見てしまったり、パー…

わかんない、をスパイスに

美術館へでかけた。ミロの名前がジュアンだったかジョアンだったかも定かではなく、なんかあの可愛い抽象画みたいの描いてる人だよねというレベルのうっすい状態でミロ展を観た。私は印象派が好きで、それはたぶん印象派の人たちがジャポニスムに影響を受け…

天津飯の夢を見ない

サービス業なので、世間でいうゴールデンウィークは連休がひとつもなかった。代わりに平日のライブに難なく行けるからそれはいいんだけど、遠方から来てゴールデンウィークを満喫しているお客さんたちを毎日毎日相手にしていると、私もどこか出掛けたくなっ…

晴雨

ほんとうに幸せな時って文章を書こうと思えない。だからこの1年は和紙みたいにペラペラした言葉しか捻り出せなかったんだと思う。でも不幸な時ほど筆が乗るというわけではない。切羽詰まって余裕がない時とか、絶望した時なんかに私は筆がするする動く。だか…

萌芽

この間ゴッホ展に行った。そこでずっと見てみたかった「ジャガイモを食べる人々」を鑑賞した。自ら育てて収穫したジャガイモを食べている農民たちの絵。すばらしい作品ができたとゴッホは大歓喜したが、画家のラッパルトはリアリティに乏しい描写やひたすら…

Good night

様々な体調不良に耐え抜いているご褒美に5000円のファンデーションを買うつもりだったけど、その代わりにずっとほしかった3000円のリップと、2000円の募金をすることにした。私とそう歳の変わらない女性たちですら銃を手にし、火炎瓶を作っているというのに…

交わらない街

10年も前に片想いをしていた初恋の人が夢に出てきた。真剣な将来の話を彼氏としたちょうどその夜に。 中学2年生の、宿泊研修に行ったときとまったく同じ班構成だった。私と、初恋の人と、私の恋路をやかましく冷やかしていた女友達と、あと男子ふたり。ダサ…

上々

最推しのライブを諦め、別の推しのチケットにあっけなく落選し、いじけて買ったスカルプブラシとパクチー栽培キットが届いた。 スカルプブラシは今流行っているukaのものと迷った末にETVOSにした。ukaはバリカタやソフトめなものなど硬さや色が選べ、ETVOSは…

ふやけた落花生

季節の行事を祝うのって大事だからと彼氏がスーパーの恵方巻きを予約してくれたのだけど、節分を2月2日だと勘違いしていたらしく、予約客で全く賑わっていないサービスカウンターにて悠々と受け取ったのが昨日のこと。ついでに落花生も買った。北海道の節分…