読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業

母校前のバス停から、続々と卒業式を終えた後輩たちが乗りこんできた。

 

口もとを覆い隠すチェックのマフラーと、コートの隙間からちらりと覗く、見慣れた制服のリボン。毎朝、学校行きたくないなあって思いながら3年間留め続けてきたリボン。私も、いま乗りこんできた後輩たちも、おそらくもう留めることのないリボン。

 

1年前は私もまだ高校生だったんだなあ。

 

去年の卒業式では1ミリも泣かなかった。特に思い入れはなかった。親友と離れることだけが悲しかったけど、いつも通りくだらない話をして、いつも通りに別れた。

 

早く卒業したいと思っていた。高校が好きではなかったというより、まあそれもあるけど、早く大学に行って好きな勉強をしたかった。だから考えていたよりなんの感慨もなくあっさり卒業できた。

 

ずーーっと前だけを見つめ続けてきたおかげで第一志望に合格することはできたけど、未来を待ち望むあまり、高校生活を楽しもうとしていなかったと思う。陰キャだったし。JKライフ無縁だったし。

 

あの頃の自分に、顔向けできるのかなあ。もしかしたら全力で楽しめたはずの3年間を食い潰して、やっとここまで来たのに。この1年何してた?頑張った?なにを?というか、頑張っても成果がなくちゃ意味なくない?打ち捨てたJKライフの代償がこれ?味気なくない?

 

 

これから地元を離れて東京に進学するという男子や、専門学校で彼氏ができるか色めき立つ女子の話を聞きながら、私は、1年前の私が思い描いていた自分に少しでも近づけたのかな、と苦い思いになった。

 

過去の自分に恥じない自分になりたい、初心や童心を忘れたくない。いつも心に留めていることだけど、ちゃんとできているかといえば、ノーだ。食い気味にノー。

 

やりたいことは無限にあるし、こんなとこでぬくぬく立ち止まってる場合じゃない。全速力でもまだ足りない。小さな幸せに目を向けられるような人でありたいけど、それだけで満足してるような人には絶対になりたくない。私はもっと飢えたい。

 

昔思い描いていた自分には全然足りないけど、卒業までにはもっとマシであれるように、浪費したJKライフが無駄にならないように、せめて春休みの間はしばらく足掻いていたいと思うのです。

 

大好きなライブもちょっとは我慢します。もう決まっちゃったやつは勘弁して。ひと段落するまでなるべく増やさないようにするから。

 

 

いきなり試験があるみたいで憂鬱だとか、春服をどのくらい買ったほうがいいのか、楽しそうに話している高校生たちの笑顔の奥に、「こんな時間もこれで最後だな」 という感情がどうしても透けて見えてしまって、もらいセンチメンタルしてしまった次第。卒業おめでとうございます。

 

あおでした。