JOIN ALIVE 2017 ①

ジョインアライブに行ってきた。

 

7/15,16の2日間にかけて、岩見沢グリーンランドという遊園地で開催される、道内ではライジングサンに次ぐ大型フェス。

私は2日目に行ったので、ざっくりレポを。

 

 

f:id:bloomsky:20170717142009j:image

お目当てはフォーリミ、オーラル、フレデリック、バニラズ (インディゴも見たかったけどヘトヘトで断念しました)。

 

今回はフォーリミについて書きます。

 

 

会場へは母の運転で向かう。降水確率100%なので覚悟はしていたものの、岩見沢に近づくにつれて激しくなっていく雨足。ワイパーじゃ間に合わないほどの豪雨で、前が見えない。ヤバい。

 

雨対策としてレインコートとレインパンツ (レインパンツまで履いてる人はいなかったけど、そのまま芝生に座ったりできるので超オススメ) を装着し、荷物はビニール袋に入れたうえでリュックにしまい直す。

 

駐車場から会場までは15分おきに無料シャトルバスが出ており、とっても楽だった。ライジングでもこのシステム採用されないかな~。

 

フォーリミが始まる1時間ほど前に到着し、急いで物販に駆け込んだ。大雨のせいかどこもガラ空きで、無事フォーリミとフレデリックのラババンをゲット。

 

 

04 Limited Sazabys

声出し

飛べない鳥 (ゆず、ワンフレーズのみ)

リハ 

medley

nem…

days

セットリスト

monolith

fiction

escape

Warp

climb

Chicken race

me?

midnight crushing

Terminal

swim

 

 

メインステージの ROSE STAGE。30分ほど前に着くと、ちょうどリハーサルが始まったところだった。入念に音を確認していくメンバー。フェスだとこういう姿も見られるのでよい。

最後にボーカルのGENが登場すると、降りしきる雨に士気を下げていた観客が一気に沸き立った。

 

マイクチェックでワンフレーズのみ歌われた、ゆずの『飛べない鳥』。高音の伸びがキレイ。

ひととおりチェックを終えると『medley』『nem…』『days』の1番のみ次々と演奏されていった。

 

どれも好きな曲ばっかりで、リハでこれ?贅沢すぎない?命日じゃない?とドキドキした。あと私めちゃくちゃ端っこの方にいたのに、ニコニコ笑って手拍子を促すひろかずさん (赤い人) と目合ってしんだ。

 

 

リハを終えて一旦袖に引っ込んだ4人は、開演の13:30きっかりに再度現れた。

「名古屋からここ北海道まで来ました、名古屋代表 04 Limited Sazabysです」

 

雨はまだ降っており、観客のほぼ全員がレインコートを着ていた。その様子を見渡し、

 

「みんなびしょ濡れだなー!元々濡らすつもりで来たけど!もっと濡らしてやるよ!生で音を届けてやるよ!もっと気持ちよくしてやるよ!もっと気持ちよくなろうぜー!」 とGENさん。

カワイイ顔して真っ昼間からなんだこの人は。最高か。

 

 

 

※ ところで今回のジョインではずっとモッシュピットに突っ込んでいたので、曲の感想は 「最高だった」 「楽しかった」 ぐらいしか言えません。ご了承ください。

 

ものすごいペースでダイバーが後ろから前へとゴロゴロ流れていって、口当たりよくても正真正銘バリバリのメロコアバンドなんだなあと実感した。

 

重厚なのに疾走感のあるサウンド、綺麗なのに雨にも掻き消されない芯の強いボーカル、ありふれた言葉で悪いけどめちゃくちゃカッコよかった。

 

 

個人的に好きな『me?』や、なぜかジョイン3日前くらいからずっと口ずさんでいた『midnight crushing』も聴けて大歓喜

 

そうそう、『me?』の「行けたらいいな 君の街まで 大した距離でもないからね」 という箇所を 「行けたらいいな 名古屋からここ岩見沢まで 大した距離でもないからね」 と変えて歌ってくれた。

 

バンドマンは地名呼ぶとき 「北海道」 でまとめがちだから、岩見沢って言ってくれて嬉しい。別に岩見沢市民でもなんでもないけど。

 

 

レインコートを着たままモッシュしていたら、こもった熱気で酸欠になりそうだったので、フードを取っ払ってずぶ濡れで見た。

 

濡れた前髪が額にまとわりつくのも、頭上でクラップハンズすると飛沫が顔に飛ぶのも、なんだか逆に楽しかった。野外ライブの醍醐味って感じで。

 

 

 

初めて見るフォーリミはひたすらカッコよくて、楽しくて、びしょ濡れで生音を楽しんでいたらあっという間に最後の曲になってしまった。

 

岩見沢に光が差しますように。ジョインアライブに光が差しますように。日本のロックシーンに光が差しますように」 という言葉から始まった『swim』。

 

私がフォーリミを好きになった入り口はこの曲だ。バイト先の有線で何度も流れていたこの歌が気になって気になって、歌詞を覚えて検索したら、名前は何度も聞いたことのある 04 Limited Sazabys の曲だとわかった。

 

何億通り奪い合ってひかり差した 悩んでる君の好きな方へ 泳いで」 というサビの歌詞は、曲の最後になると 「悩んでる君の好きな方へ さぁ、おいで」 と変わる。うまく言えないけど好き。

 

ジョインと同じ日に関ジャムにも出演し、地元名古屋で3年連続フェスを主催している 04 Limited Sazabys は、今後のロックシーンを引っ張っていくのだろう。

 

日本のロックシーンにひかりを差してくれるのが彼らだったら嬉しいなと思った。

 

 

私の夏フェス始めは、フォーリミによって最高すぎるスタートを切った。「JOIN ALIVE 2017 ②」 では、次に見たフレデリックについて書きます。

フォーリミのPV貼っときます。あおでした。

 

04 Limited Sazabys「Warp」(Official Music Video) - YouTube

 

04 Limited Sazabys『swim』(Official Music Video) - YouTube