あおいろ濃縮還元

虎視眈々、日々のあれこれ

音楽

RISING SUN 2017 ③

【back number】 の前に、一瞬だけバニラズを観た。「蝦夷ロッカー!歌おうぜ~!」 という牧さんの煽りから始まる『おはようカルチャー』。 EARTH TENTの場外に溢れだした人たちが、楽しそうに体を揺らしていて最高だったけど、心を鬼にしてSUN STAGEへ向かう…

RISING SUN 2017 ②

【フレデリック】 13:30~ EARTH TENTのトップバッター、フレデリック。 サウンドチェックは本人たちが出てきていた。ボーカルの健司さんはなかなか出てこなかったんだけど、ステージ裏?袖?で音に合わせて楽しそうにノッてる姿が丸見えだった。なにこの人…

かなしいうれしい

フレデリックのニューシングル 「かなしいうれしい」 をゲットした。 左が通常盤、右が紙ジャケット仕様の初回盤。上のはサイン入りステッカー。サインって印刷なのかなと勝手に思ってたら、ガチ直筆サインで震えおののいた。労力ハンパないでしょ……ありがとう…

RISING SUN 2017 ① 出発編

8/11~13の早朝にかけて行われる RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017。 2日目に参加しました。 出発~到着してフレデリックが始まる前まで書きます。今回はライブレポは一切ありません。悪しからず。 あいにくの雨模様。ジョインアライブ然り、今年はとことん雨…

ロックフェス持ち物ガイド

ロックフェス初心者さん&自分用のメモとして、「フェスの持ち物・服装」 「雨天時の持ち物・服装」 「オススメしない持ち物・服装」 についてまとめておきます。 ① 基本の持ち物 ② 基本の服装 ③ 雨天時の持ち物 ④ 雨天時の服装 ⑤ オススメしない持ち物・服装 の順…

顔ファンなんてクソ食らえだ

「ドロスはカッコいいから好き」 って言うと、120%顔ファンだと思われる。違う。顔も好きだけどそうじゃないんだ。顔も好きだけどさ。 [Alexandros] が本当にカッコいいのは、端正なルックスでも、スタイリッシュな衣装でも、英語と日本語を巧みに編んだ曲です…

JOIN ALIVE 2017 ④

最後は go!go!vanillas。 正直に申し上げておくと、私はバニラズについて何も知らない。『ラッキースター』しかまともに聴いたことがない。 だからここに書くのは 「はじめてのばにらず」 とでも言うような、素人丸出しの感想文である。ファンの皆さんは物足り…

JOIN ALIVE 2017 ③

いざ THE ORAL CIGARETTES。 オーラルが始まる前、同じステージではなんと郷ひろみがライブをしていた。いかにもライブキッズといった風貌の、高校生ぐらいの女の子たちが『お嫁サンバ』を口ずさみながら軽やかに駆けていく。音楽は世代を越えるんだなあと妙…

JOIN ALIVE 2017 ②

お次はフレデリック。 数ヶ月前にハマったばかりだけど、毎日コンスタントに聴き続けている。フレデリックには、クセになりすぎちゃって手放せない煙草みたいな、収まりのよい中毒性がある。 FUTURE FROWERS というステージに30分前に駆け込むと、既にドラム…

JOIN ALIVE 2017 ①

ジョインアライブに行ってきた。 7/15,16の2日間にかけて、岩見沢のグリーンランドという遊園地で開催される、道内ではライジングサンに次ぐ大型フェス。 私は2日目に行ったので、ざっくりレポを。 お目当てはフォーリミ、オーラル、フレデリック、バニラズ …

All Our Yesterdays

back numberを2年ぶりに観てきました。ワンマンだと3年ぶり。 今回はいつものライブレポとは違って、バリバリ私情挟みまくるので、「あんたのエピソードは別に聞きたくない」 って方はさよなら。ネタバレ見たくない方はツアー終了までお待ちください。 All Our…

一心同体

シングル発売まで取っておこうと思っていた『心』のMVを、ちらりと見てしまった。いろんな想いが溢れて止まらなくなって、何度も再生ボタンを押した。 NAOTOさんやチームラボと近々何か大きなことをやるのではないか、というのは薄々察していた。予想して…

fun time HORIDAY 6

ユニゾンとピロウズの対バンを観た。 愛すべきエゴイストたちによる美麗なステンドグラス。そんな夜を、観た。 『fun time HORIDAY 6』という、ユニゾン主催の企画。Zepp Sapporoで行われる初回公演に母と参加した。 (本文はがっつりネタバレを含んでおりま…

清水依与吏を褒めたたえる回

「back number 大好き~ わたしも彼氏にこんなふうに想われたい」 なんて言葉も聞き飽きたあなたへ。 今回は 「セフレ曲書かせたら最強」 「依与吏さん作詞うますぎ」 というマニアックなテーマ2本立てでお送りします。 back number にはなぜか、セフレの心情を歌…

鳴り止む

どんな音楽もいつか鳴り止む。 グッドモーニングアメリカの金廣さんが、ポリープ手術に伴い、3ヶ月間ライブ活動を休止するという。 ヒヤッとした。ポリープ自体も心配ではあるけれど、筋金入りのコブクロファンである私は 「活動休止」 という言葉に過剰反応し…

これまでの、すべての日々に

All Our Yesterdays Tour 2017、略称AOYツアーがとうとう幕を開けましたね。 今回のツアー、高校時代の親友 (と私は思ってる) と参加します。彼女は特に音楽がなくても生きていける人種で、特に back number が好きというわけでもないと思うんだけど、連番快…

「女々しさ」 を武器にする 「強さ」

back number?あの女子中高生に人気の女々しいバンドでしょ?と思っているあなた。大正解です。 ボーカル・清水依与吏 (しみずいより) 氏の作る曲は、そりゃもう女々しい。そこまで言う?ってことまで歌にしちゃう。 でも。確かに女々しいけど、女々しさを武…

LIVE FOR THE NEXT ~後編~

いよいよアジカンの登場。KANA-BOONの暖めたフロアが、また一気に温度を上げる。 さあ、第2ラウンドがはじまる。 2016 11/12 セットリスト Easter 小さなレノン 未来の破片 ブラッドサーキュレーター Re:Re: Standard リライト ソラニン 君の街まで ループ…

LIVE FOR THE NEXT ~前編~

夢物語が打ち鳴らされる瞬間、に立ち合った。 11/12 Zepp Sapporoにて行われた 「JFL presents LIVE FOR THE NEXT」。 ネクストジェネレーションをテーマに、アジカンと次世代のバンドが全国5ヶ所を回る。 札幌はASIAN KUNG-FU GENERATIONとKANA-BOONのツーマ…

桃白白ナイト

強烈な、35分間。 忘れられない。忘れない。初めてライブハウスで観た My Hair is Bad を。 「忘れたくないことだけを 覚えていく」 この日、椎木さんはそう言った。 だから書き残しておく。ずっと覚えておくために。だって忘れたくないのだ。笑って泣いて飛び…

ライジングサン'16 ⑨

2日間だけ現れる楽園。参戦は今年で2回目ですが、早くもライジングサンの虜です。 ライブがどうしようもなく好き。命をばちばち削る音に満たされるあの空間。会場にいる者しか味わえないあの熱気。ミュージシャンが鳴らす音だけではなく、客の歓声や曲に合…

ライジングサン'16 ⑧

【ゲスの極み乙女。】 2016 8/13 セットリスト キラーボール パラレルスペック 私以外私じゃないの ロマンスがありあまる 新曲 キラーボール (adult ver) サイデンティティ アソビ 餅ガール jajaumasan ドレスを脱げ スタンディングゾーンに飛び込んでいった…

ライジングサン'16 ⑦

【My Hair is Bad】 23:10~def garageにて、My Hair is Bad。 def garageはメインステージから程近い (ゆえにメインステージまでここの音が聴こえてくることも) 場所にある、即席ライブハウスのようなテント。若手の登竜門。 CDを買うとサイン入りカードが…

ライジングサン'16 ⑥

【UNISON SQUARE GARDEN】 12:30~ SUN STAGEにて、お目当てのユニゾン。 私も母も田淵ファンなので、左の前から3列目をゲット。いちおう説明しておくと、テレビに出演すると話題になる「怖いベースの人」が彼です。作詞作曲を手掛けるバンドの頭脳でありなが…

はじまりのうた

お題に沿ってブログを書く、というyucoさんの素敵な企画にちゃっかり乗っかってみたいと思います。繋ぎます、ことばのバトン。 詳しくはこちら↓↓ (リンク貼るの下手っぴ) http://yyy6996.hatenablog.com/entry/2016/08/15/214752 今回のテーマは「はじまり」。…

ライジングサン'16 ⑤

すっかり動き疲れ、やむなくエレカシは見送る。前にフェスで観たとき感動したし、サニーさんキーボードだし、すっごい観たかったんだけどな。往復40分かけて歩いていく元気はない。 (そういえば、このレポはメモと記憶を頼りに書いてます。空き時間、スマホ…

ライジングサン'16 ④

【キュウソネコカミ】 リハ 良いDJ GALAXY KMTR645 (feat. ネコカミノカマタリ) 「ライジングサン」にちなみ、太陽の格好で現れたセイヤさん。全身白で固め、サングラスをかけ、頭にはダンボール製?の太陽をかぶっていた。 DJ!ビート!心臓のビート!1曲目…

ライジングサン'16 ③

暑さでこのへんの記憶やられてるので、ミセスとベボベはさらっと書きます。 ジンジャーエールを買ったりしつつ、目指すはEARTH TENT。インディゴの会場からは10分以上。夏フェスと炭酸って相性いい。インディゴの余韻、つめたい炭酸、照りつける陽射し。サイ…

ライジングサン'16 ②

【indigo la End】 ゲス乙女の川谷絵音さんが掛け持ちしているバンド。数曲しか知らない超にわかだけど、ゲスよりもインディゴのほうが好きなテイストです。 30分前に陣取りに行くと人ガラッガラで、あっさり3列目をゲット。え、ほんとにいいの?バンドセッ…

ライジングサン'16 ①

2016年8月12日、RISING SUN ROCK FESTIVALの幕開け。ライジングサンは、ご存知の通り、日本4大フェスのひとつに数えられる大型オールナイトフェス。 到着したのはきっかり開場時間の10時。そこから1時間、暑さと砂埃のなか並ぶ。振り返ってみてもどの時間よ…