あおいろ濃縮還元

虎視眈々、日々のあれこれ

ライジングサン2018 ⑥

UNISON SQUARE GARDENはフェスでも一切手を抜かない。田淵さんの組むセットリストは毎回えげつない。

 

2年前のセトリを見ると(ライジングサン'16 ⑥ - あおいろ濃縮還元)なんと1曲目に『クローバー』をやっている。知る人ぞ知るバラードをやる大暴挙。さて、今回はどれだけ掻き回してくれるんだろう。

 

ニゾンはリハで曲を歌わない。リハは準備運動に過ぎないので、曲は本番で聴いてほしいらしい。そのかわり音合わせのセッションが超かっこいい。説明しづらいのでいつか見に行ってほしい。

 

14:10~ SUN STAGEにて、ユニゾンのステージがはじまる。

 

UNISON SQUARE GARDEN

  1. 春が来てぼくら
  2. 桜のあと (all quartets lead to the?)
  3. オリオンをなぞる
  4. フィクションフリーククライシス
  5. 天国と地獄
  6. シュガーソングとビターステップ
  7. オトノバ中間試験
  8. 君の瞳に恋してない
  9. Invisible Sensation
  10. Cheap Cheap Endroll

 

 

ライジングサン以前のフェスでは 「1発目にマイナーめの曲をかます」 という組み方をしていた。それが今回は、最新シングル曲からスタートを切る。『春が来てぼくら』、しっとりめのテイストだと思っていたけれど、ステージ映えする曲だった。アガる。

 

『桜のあと』で一気にテンションマックスに。田淵さんは自分たちのライブについて 「自由に楽しんでくれ」 と言う。煽らないし手拍子も求めない。やりたいと思ったら手拍子も踊るのも歌うのも好きにしてくれ、他人に合わせるんじゃなく君の好きにやれ、というスタンス。

だからユニゾンのライブでは決まったレスポンスなんてないのだけど、この曲のラララだけはめちゃくちゃ揃う気がする、いつも。だってやりたくなっちゃうもんね。

 

ノンストップで『オリオンをなぞる』へと畳み掛ける。なんだこのヒット曲オンパレード。もう客席大沸騰。

 

 

UNISON SQUARE GARDENです!」 みたいなことを一言だけ言って、すぐさま次の『フィクションフリーククライシス』へ。新アルバムのなかでもとりわけ奇異な曲。「自意識がクライシス迷子!」 のところ、私がいた前のほうでは 「迷子~!」 というコーラスのところで楽しそうに手を上げたり跳んだりする人が多くて楽しかった。

 

ようやくアルバム曲を挟んだと思ったら『天国と地獄』。この曲のときの、"地獄の使者" みたいな田淵智也が大好き。目ん玉ひん剥いて舌突き出して悪魔でも憑依したように暴れ倒すやつ。

確かこのとき、ベースを担ぐようにして斎藤さんのほうにダッシュして、殴りかかるように思い切り振りかぶる(もちろん当たらないようにしていた)という芸当をやっていた。あまり動じてなかったけど、さすがにちょっと嫌そうな顔してた。

 

間髪入れず『シュガーソングとビターステップ』。イントロで今日イチの歓声があがる。全力で動きまくったのでここらの記憶が飛んでいる。ユニゾンのライブは本当に、勝手に体が動いてしまう。田淵さんがよく言う 「好きにしてくれ」 というのは、わざわざ煽らなくてもよいライブをすれば自ずとレスポンスが返ってくるかららしい。確かに。

 

『オトノバ中間試験』をもってきたの、単に田淵さんが 「呆れるまで斎藤に任せといて」 の部分を聴きたかったからでは?ここ歌うとき、誰よりも楽しそうな顔してたもん。

 

多幸感たっぷりのナンバー『君の瞳に恋してない』。ヒットチューンオンパレードで限界まで上がりきったと思った温度はまたも高まり、『Invisible Sensation』へと収束する。そこまで意図してたわけじゃないかもしれないけど 「このステージに立てるのは選ばれし 相応だ!派手なやつをくれ」 ってフェスのメインステージで豪語するとこ好き。

 

「ラストッ!」 と斎藤さんが言う。最後の曲。

ハッピーな大団円、を迎えつつある客席を裏切るように始まったのは『Cheap Cheap Endroll』だった。やられた。選曲がニクすぎる。有名曲ノンストップで息もつかせず、最後の最後に 「君がもっと嫌いになっていく」 とひたすら叫ぶこの曲で締めるあまのじゃくっぷり。

 

私の周りは相当なファンばかりだったらしく、始まったとたんみんな今日イチの気迫で飛び跳ねはじめた。もちろん私も。トップバッターだけれど、ここで体力ぜんぶ使い果たしたっていいと思った。そのぐらいアツいライブだった。

 

スピード感満点のAメロBメロを駆け抜け、サビの 「もっと嫌いになっていく」 ではみんな合唱したり拳を強く突き上げていた。シュガソンオリオンあたりしか知らない人たち、何が起こったかわからなかったんじゃなかろうか。とにかく最後の1曲、爆発的に盛り上がった。それまでもすごかったのに。ジェットコースターだと思って乗っていたものがゴール寸前でフリーフォールに変わったみたいな、全然うまくいえないけど、とにかくすごかった。すごかったんだよ。

 

ニゾンには珍しく "UNISON SQUARE GARDEN入門編" といったふうだった優等生なセットリストは、一筋縄じゃいかさない幕引きを迎えた。初めて見る人でも楽しめるし、勝手知ったる人はもっと楽しめる最高のステージングだった。かっこよかった!!

 

次回、⑦はクリープハイプです。

あおでした。