回遊魚

埋まりきらない宿題と、1日中駆使しまくったおかげで充電しどきなウォークマンと、明日はバイトなのに時計に表示された 「3:15」 の数字が不安で不安で眠れないので、一切合切吐かせてくれ。

 

 

 

アイデンティティは根性のある所だと自分で思っているから、ぐうたら過ごしているとなんの取り柄もないクズである気がする。

 

なにかに打ち込んでいないと、自己嫌悪の波に溺れてしまいそうになる。だから忙しくのめり込んでおらずにはいられない。泳ぎ続けないと死んでしまうマグロのように、たぶん頑張ることをやめたら海の底で朽ちてしまうのだと思う。

 

 

 

こんな強迫観念に駆られて生き急いでいるような人間だから、わかってもらえないことがある。正直知ったこっちゃない。

 

私がなにかをする際の判断基準は、「過去の私に誇れるか」「未来の私に誇らしく思ってもらえるか」どうかだ。究極的には、自分以外興味ない。私の人生を肩代わりしてもくれない人の意見聞いてる場合じゃない。

 

あ、あくまで重大な決断に関しての話であって、ちっちゃな悩みはウザいぐらい相談するし意見聞きまくります。

 

 

 

こんな頑固者だから疎まれて構わないし、わかってもらわなくてもいいけど、過去の自分にだけは 「そんな人にはなりたくない」 って思ってほしくない。未来の自分にだけは 「あんなことするんじゃなかった」 なんて後悔してほしくない。

 

逆に言うと、自分だけがわかってくれればいい。誰に理解されなくても褒められなくても、「頑張ったな」「カッコいいことしたな」 って自分で思えればいい。

 

 

 

あんな無茶をしたらあの子には嫌われてしまうかもしれないけど、未来の自分はきっと誇らしく思ってくれる。そんなふうに他人ではなく自分の目を気にして誠実にやっていけたらいいなと思っている。

 

 

自分の歩く道ぐらい自分で選ぶし、迷ってもなんとかしてやる。今に見てろよ。と、思っている。とりあえずは。努力とか才能に自信がないぶん、せめて気合いだけでは負けたくない。

 

 

寝ますね、あおでした。