読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

衣替えの、時期

趣味嗜好も衣替えをする。

 

季節の境目、長袖から半袖へと切り替わるように。去年まで着ていたセーターが今年はよく思えないように。

 

衣服とおなじように、趣味嗜好もまた、年を追うごとに変わっていく。

 

 

 

 

たとえば私は、苦手だったタマネギと長ネギが急に食べられるようになった。生タマネギのサラダも冷奴に載っかる長ネギも、もう普通に食べられる。

 

逆に甘ったるいジュースが飲めなくなった。大好きな炭酸ジュースを甘すぎると感じるようになって、今はスプライトとジンジャーエールウィルキンソンしか飲めない。

 

 

 

本当にゆっくり、あるいは突然、これまでの趣味嗜好では合わないと感じるようになる。

 

 

 

安全地帯やコブクロなどを聴いて育ったおかげで、前までの私はJPOP、特にバラード至上主義だった。アコギの音とやさしいメロディーに何よりも安心感を覚えた。

 

だけど最近は、エレキギターとベースとドラムが縦横無尽に絡みあう邦ロックこそが最高だと思うようになっている。コブクロを好きなことはきっと半永久的に変わらないのだけど、ほかのJPOPでは物足りなく思う。

 

ぎゅうぎゅうに押しあいながら片手を突き上げる、狭いハコでのライブでないと物足りない。座席ありも好きだけど、オールスタンディングで揉みくちゃになって筋肉痛になるまでがライブの醍醐味、な気がする。

 

 

 

人間関係を衣替えにたとえる人もいる。これまでの感性では合わなくなる人がいて、わかりあえるようになる人がいる。

 

 

 

変わっていくのが怖かったけど、変わっていくのが普通のことなんだ、たぶん。1年中半袖じゃいられないのと同じで。

 

春は衣替えにうってつけの季節です。いろいろ。

あおでした。