清水依与吏を褒めたたえる回

「back number 大好き~💞 わたしも彼氏にこんなふうに想われたい💞」 なんて言葉も聞き飽きたあなたへ。

 

今回は 「セフレ曲書かせたら最強」 「依与吏さん作詞うますぎ」 というマニアックなテーマ2本立てでお送りします。

 

 

 

back number にはなぜか、セフレの心情を歌った曲が多い。『助演女優症』『助演女優症2』は確実にそうで、『アーバンライフ』も怪しい。

 

アーバンライフ』は男性目線で書かれたこんな曲。

 

  触れたいだけ 深い意味はない

  お互い何を望む訳じゃない

 

  名前を持たない関係に君はいない

  僕もいないんだ

 

 

次は、女性目線で描かれる『助演女優症』。

 

  都合が良くって頭の悪い女を演じてあげる

 

  私の望んだものはもう全部

  あなたの心以外 今ここにあるから

 

 

今や 「back number まじ泣ける胸キュン~😭💗」 と中高生に言わしめているback number ですが、胸キュンする曲よりもこういう切ない歌詞のほうが得意。

 

満たされているのに空しい『アーバンライフ』。都合の良い女を演じる『助演女優症』。聴いたあとしばらく気分が落ち込んでしまう、妙にリアルな独特の空気感。

 

色に例えるなら白でも黒でもない。雨雲のような、どんよりした不穏なグレー。この色は依与吏さんにしか出せない。

 

セフレ題材の歌を3曲も作るアーティスト、そうそういない。セフレいたことある人か、よっぽどの想像力がある人にしか、こんなん書けないよなあ。依与吏さんがどっちかはわからないけど相当度胸あるなあ。

 

 

ここからは完全に私の憶測ですが。

もし『アーバンライフ』の主人公の相手が『助演女優症』の女性だったら、救いようがなさすぎる。

 

お互いこの薄暗い関係を了承していると思いこんでいる男性。恋心を隠して都合のいい女に徹する女性。あくまで想像だけど、もしそういう狙いがあるとしたら背筋が凍ります。

 

その場合『助演女優症』の女性は、"都合がよくて頭の悪い女" を見事に演じきってる名女優ってことにもなりますね。皮肉にも。

 

 

 

 

 

 

依与吏さんは作詞がめちゃくちゃうまい。誰にでもわかる簡単な言葉を使う、というのが実はいちばん難しい。シンプルな言葉で深みを持たせる技に関しては、一級品だと思う。

 

『幸せ』という、タイトルに反してアンハッピーな曲。主人公がひそかに好意を寄せている男友達には、好きな女の子がいます。主人公は自分の気持ちを隠して男友達の恋を応援するが、心の底では…。という感じ。あらすじだけで既に切ない。

 

切なすぎる歌詞の素晴らしさについては語るまでもないので、今回は 「歌詞の組み立て方めっちゃすごい」 という点に着目します。

 

でも私があなたを好きなくらい あなたも想っているなら 私じゃやっぱりダメだね」 という1節。

 

歌詞の組み立てがそこまで上手くないアーティストなら 「私があなたを好きなくらい あなたもあの子が好きなら」 としがちだと思う。音数は一緒だし、パッと見違和感もない。

 

でもこれだと 「あの子が」の部分は省略できるし、「好き」 ってワードが重複しちゃうんですよね。だから「想う」 というワードに差し替えてる。

 

無意識か意識したのかはわからないけど、実は陳腐な言い回しを避けてるあたり、依与吏さん作詞うまいな~たまらんな~と思う。瞬時にいらない言葉を削り、表現を差し替えて、「あなたも想っているなら」 ってすんなり織り交ぜてくるのはすごい。

 

あなたも (あの子を) 想っているなら」、というふうに、依与吏さんは省略すべき箇所をスパッと省略する技に長けている。

 

ちなみにベストオブ省略は、『西藤公園』の 「私は冬が好き 僕は君が」 だと思う。僕は君が好き、とは曲中で言わない美しさ。余白の美学。

 

 

 

中高生に人気だからって敬遠しないでほしいんです。back number の歌詞はシンプルでイマドキなのに、超深みがあるし美しい。ほんとはもっともっと語りたいけど、今日はこのへんで。

 

あおでした。