ライジングサン'16 ⑧

ゲスの極み乙女。

 2016 8/13 セットリスト

キラーボール

パラレルスペック

私以外私じゃないの

ロマンスがありあまる

新曲

キラーボール (adult ver)

サイデンティティ

アソビ

餅ガール

jajaumasan

ドレスを脱げ

 

スタンディングゾーンに飛び込んでいったときには、『私以外私じゃないの』中盤に差し掛かっていた。ここから『ロマンスがありあまる』へと続き、例によって夢中で飛び跳ねていたせいで曲中の記憶がありません。

 

ちなみに私は、私生活がどうであれ、絵音さんの音楽が才能に満ちあふれていることに変わりはないと思うよ。語り口調のAメロからエモーショナルなサビへ畳み掛けていく手法も、全編通して漂う独特の切なさも、クセになる言葉の遊ばせ方も、絵音さんしか持ちえない魔法のスパイスだ。

 

音楽はあくまで音楽であって、歌手のルックスや素行と切り離したところで聴きたい、私は。かっこいいから好きとか、女にだらしないから嫌いとか、そんなのファッションミュージックとしか聴いてないんじゃない?って思っちゃいます。

 

スタンディングゾーン後方は、歌に合わせて肩を揺らすだけみたいなお客さんが多かった。さっきまでマイヘアで半モッシュ(←私がつくった造語)に突っ込んでいたため物足りなく、母の手を引いて人をかき分け、またもや前から3列目くらいの超良好ポジションをゲット。

 

当たり前だけどやっぱり前列はガチなファンばっかりだから、手を突き上げるタイミングも完璧でちょっと感動する。後列にいると、「この曲知らない(笑)」ってのをよく聞くんだけど、知らないのはいいとして曲中にそれ喋るのやめようよ~~。

 

新曲 (確か『幸せりんご』みたいなタイトル)では、いこか様が普通にハンドマイク持ってバンドセットから出てきた。そんで絵音さんとデュエット。もう観客ざわめいてましたよ。夏の夜を彩るように、艶っぽく響くツインボーカル。ドラムはインディゴの佐藤栄太郎氏。

 

そのあとの『キラーボール(adult ver)』は、オリジナルからガラッとメロディーが変わっていた。個人的にはこっちの方が好みかも。「たった今 わかったんだ」という部分が、メロディーが変えられたまま何度も何度も繰り返される。adult verはライブでだけ聴けるプレミアムなもので、音源化する予定はないとMCで言っていた。

 

『餅ガール』『jajaumasan』『ドレスを脱げ』あたり持ってくんのアツい。聴きたいな~歌うかな~でもSUN STAGEだし有名なやつメインなのかな~~なんて危惧してたのがアホみたい。ばっちり飛び跳ねました。

 

絵音さん色気すごかったし、「コポゥ!」生で聴けたし、ベースめちゃくちゃうまいし、いこか様可愛いし。いこか様好きだから、ツインボーカルと『ドレスを脱げ』聴けて嬉しい。余談だけど、ドレスを脱げのPVを観てぐっとこない男子はいないと思うな。

 

 

ゲス乙女を観終え、私と母のライジングサンは終わりを遂げたのでした。すごい楽しかった。すーーーごい楽しかった。

 

まとめ的な感じで⑨をちょろっと更新して、ライジングレポは終わりにしたいと思います。

あおでした。