ライジングサン'16 ⑤

すっかり動き疲れ、やむなくエレカシは見送る。前にフェスで観たとき感動したし、サニーさんキーボードだし、すっごい観たかったんだけどな。往復40分かけて歩いていく元気はない。

 

(そういえば、このレポはメモと記憶を頼りに書いてます。空き時間、スマホのメモ帳に打ち込んでました。さすがにライブ中はできないので、感想などはライブ直後に思い出せる限りばーーっと打ったりしてます)

 

キュウソのサイン会には、母を行かせてあげることにした。私は去年行けたから、キュウソ観たさに通し券にした母が行くべきだ。何も話すことないよ~ってオロオロしてた割に、ちゃっかりマネージャーのはいからさんに握手求めに行ってた。応じてもらえてた。なにそのコミュ力。私には遺伝しなかった。

サイン会が行われてるタワレコブースの陰でそっと見守ってたんだけど、笑うとひし形 (◇←この形!!)になるオカザワさんの口キュートだな。お母さん幸せそうだったし、私はサイン入りCDゲットしたし、も~~~最高でした!

 

 

布袋寅泰

かなり冷えこんできたので薄手のパーカーを羽織り、いざ布袋寅泰

疲労ピークなのと、藤原さくらを見終えたお母さんと合流しなきゃいけないのもあって3曲しか聴けなかったんだけど、それはそれはものすごかった。

 

2016 8/13 セットリスト

BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-
BE MY BABY
スリル
Poison
NO. NEW YORK
DREAMIN’
バンビーナ


アンコール

RUSSIAN ROULETTE

 

登場からしてレジェンドの風格。全身ばしっと黒でキメ、手には眩いゴールドのギター。最初の2曲はインスト曲で、もう音色ひとつひとつヒリヒリするような、演奏の善し悪しがよくわからない私ですらとにかく撃ち抜かれた。キルビルのテーマ、かっこよすぎん?ギターの音色だけでずきゅうううんってきた。

 

「Hello,RISING SUN」からMCが始まり、ライジングサンに戻ってこれて良かったというようなことを話す布袋さん。この頃23時半を過ぎていて、道民の私でもさすがに寒かった。年齢層は高めで、ビール片手に礼儀正しくロックを楽しむ人が多いように見えた。大学生程度の人もちらほら。

 

『BE MY BABY』で起こった合唱にしれっと加わったりした後、泣く泣くステージを後にした。歌声と歓声が遠ざかっていく。ちょっぴり名残惜しくてせつない。でもここで体力を使い切るわけにはいかないのだ。明日は楽しみにしていたユニゾンとマイヘアを観るのだから。

 

というわけで、ライジング1日目は終了。

次回⑥からは2日目の様子をお送りします。

あおでした。