ライジングサン'16 ③

暑さでこのへんの記憶やられてるので、ミセスとベボベはさらっと書きます。

 

ジンジャーエールを買ったりしつつ、目指すはEARTH TENT。インディゴの会場からは10分以上。夏フェスと炭酸って相性いい。インディゴの余韻、つめたい炭酸、照りつける陽射し。サイコウ。

 

【Mrs.GREEN APPLE

会場に差しかかったとき、『Speaking』が聞こえてきた。ミセスに関してもにわかなんだけど、この曲は大好き。有線で流れたのが忘れられなくて、必死で歌詞を思い出して検索したことがある。

 

EARTH TENTは超満員。テントの外に観客があふれ出し、思い思いにリズムに乗っている。全力で踊る人、ビール片手にちいさく肩を揺らす人。会場にぎゅう詰めでモッシュもいいけど、こういう見方もアリだな。少し離れた芝生に座りこむ。

 

2016 8/13 セットリスト

愛情と矛先

VIP

アンゼンパイ

Speaking

StaRt

うブ

HeLLo

サママ・フェスティバル!

 

フレッシュだなあ!グリーンアップルと銘打ってる通りに爽やかで瑞々しい。夏にうってつけな楽しいステージだった。

 

次のベボベまでは1時間ほど。陽射しも落ち着いて風が心地よくなってきたので、そのまま芝生で待機することにした。暑い夏フェスは数あれど、涼しい夏フェスなんてのは北国の特権でしょう。

 

 

 

Base Ball Bear

2016 8/13 セットリスト

BREEEEZE GIRL

瞹してる

透明少女 (カバー)

GIRL FRIEND

short hair

changes

PERFECT BLUE

LOVE MATHEMATICS

祭りのあと

 

ギターサポートは元ナンバーガール田渕ひさ子。かつて湯浅さんが持ちこんだ初回のライジングサンの映像。そのナンバーガールのステージに衝撃を受けて結成されたのが、Base Ball Bearであるという。

 

湯浅さんが抜けた穴を、結成のきっかけになったナンバーガールが埋める。『透明少女』のカバーでは大きな歓声があがった。ライジングサンが繋いだバトンに、あまり事情のわからない私ですら何だかじんときた。

 

音源ばかりでライブ映像などは観たことなかったのだけど、こんなに歌声かっこよかったっけ?!かっこいい!かっこいい!!

 

途中から母と芝生で合流し、なぜか母の持ってきたみたらし団子を食べながら『祭りのあと』を聴いた。余談だけどこの曲のとき、ちょっとアジカンのゴッチみたいな声じゃない?音源聴いてて「ゴッチじゃん」て思った。それが言いたかった。アジカンベボベも好きですよ。

 

 

適当なレポで申しわけない。さて、④はキュウソネコカミです。わりと長くなると思います。

あおでした。