読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネムレナイ

お久しぶりです。

夏休みに突入しました。いえーい。更新率上がるかもね。

 

ただいま夜中の3時です。

 

あまりに寝れなくて、3ヶ月溜めてた日記を書いたり読み返したりしてました。日記書く時間なんてなくて、でも記録として残しておきたいから、バスの待ち時間などを利用してちょこちょこスマホのメモ帳に書き溜めておいたり。

 

言葉を活字として残しておくのはやっぱいいなー、と思います。それも鮮明に書いてあるほどいい。2月の旅行記を読み返していたら、タクシーの運転手さんがどんな人だったとか、この場所は東京みたいであの場所は小樽っぽかったとか、潮の香りや本屋の雰囲気や、びっくりするほど細かいことまで書かれてあったりする。改めてブログに起こそうかなとすら思いました。

 

 

昔から、「忘れたくない」っていう思いがすごく強かった。

 

小さい頃は、子ども扱いがめちゃくちゃ嫌いだった。私が子どもってだけで見え透いた笑顔でニコニコ寄ってきて、そのくせ大人の間では笑い者にして、なんなの??とずっと思ってました。イヤな子どもです。

そして同時に、「今こんなふうに思ってることも、大人になったら忘れちゃうんだろうな。私はこういう大人になりたくないな。嫌だな」 とも強烈に感じていました。

 

小6で初めて自分の夢を自覚したときも、「今こんなに追いかけたい夢があるけど、大人になったら安定した道がいいとか言って諦めちゃうんだろうな。嫌だな」 なんて考えてて。

 

中学卒業時、「こんなに友達と別れるの苦しいけど、大人になるにつれて忘れていって、会うことすらなくなって、悲しむこともなくなるんだろうな。嫌だな」 と思ってわんわん泣きました。

 

結果としてどれも忘れてないです。強烈に覚えてますが、私は 「忘れること」= 「楽しかった思い出を忘れていってつまらない大人になること」 がずーーーっと怖い。

 

旅行に行ったことも、「なんかわかんないけど楽しかったよね。建物がキレイでごはんが美味しかった」 なんて感想しか思い出せなくなるのが嫌なんです。ライブも、「覚えてないけど神セトリで超サイコー!」 とか、嫌なんです。忘れたくないんです。だから日記を書くことは理にかなったすばらしい方法だと思ってます。だからライブレポもします。ブログも書きます。

 

忘れたくない。今、どうして楽しいのか。どうして悲しいのか。何に悩んでいるのか。何を心の支えとしているのか。何を聴き、何を食べ、誰と過ごし、何を思うのか。

 

近々ライジングサンに行ったら、ブログに簡易レポでも上げようと思ってます。コブクロのツアーが始まったらその感想も。夏休みってことで大量に本を借りているので、その感想文でもいいし。今ハマってる曲についてでもいい。書きたいことは無限にあります。たのしい。

 

おやすみなさい。

あおでした。