SISTER

応援ソングにもいろいろあるわけです。

背中を強く押してくれる曲。ガツンと目を覚ましてくれる曲。そっと寄り添ってくれる曲。

私にとって最初がコブクロ、次がミスチル、最後が back numberの 「SISTER」 という曲。大学受験のとき死ぬほど聴きました。疲れきって地下鉄に揺られる帰り道、この曲を聴くとこみ上げるものがあります。

back numberというとラブソングのイメージが強いですよね。確かに切ないラブソング歌わせたら最強なんですが、応援歌もめちゃくちゃいいんです。

   目指した雲はずっと高くて
   夢見た島は遥か遠い場所だと知ってて
   分かってて踏み出してきたんだから
   負けないで

私の大好きな2番の歌詞。辛いってわかったうえで今の生活を選んだんだから、へこたれてたまるかよ。と、気合いを入れ直せます。同じ理由でスキマスイッチ全力少年、「試されてまでもここにいることを決めたのに 呪文のように『仕方ない』とつぶやいていた」 も大好き。

   泣かないで
   君が費やしたすべてが意味を持つその時まで
   あの雲の先できっと きっと

手を伸ばしても届きそうにない雲。だけど手を伸ばすんです。めいっぱい飛んでみるんです。だってあの雲をかき分けた先に、眩しい陽の光が待っているかもしれないから。

受験期という助走を終え、ずっと夢見ていた雲の向こうにようやくたどり着きました。費やしてきたすべてが、ここ1ヶ月でいっぺんに報われた気がしています。でもまだまだこれからです。やってやろうじゃん。

ちなみに私は、数あるback numberの曲の中でもこの 「SISTER」 がいちばん好き。かもしれない。ポカリスエット片手に聴いてみてくださいね。

あおでした。