読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことばを灯す

言葉は、火に似ている。

火は使い方を誤れば、やけどを負うことも、何もかも燃やし尽くしてしまうこともありえます。

だけど冷えた身体を暖めることも、暗闇を明るく照らすことも、火にはできる。


友達や先生が褒めてくれたり、手紙や色紙に嬉しいメッセージが書いてあったり、そういうあたたかな言葉って、本人はなにげなく言ったつもりでも物凄く励みになっていたりします。

ツイッターで頂くリプなどもめっっちゃくちゃ嬉しいです。返信あんまり得意じゃないので伝わらないかもなんですが、糧にさせてもらってます。ありがとうございます!!


言葉を正しく扱いたい、といつも思ってます。
傷つけたり炎上させるためじゃなく、誰かの心に明かりを灯すために。

たとえば、SNSで嫌いなものを言わないようにしています。私が嫌いなものは誰かが好きなものですから。自分の好きなアーティストをフォロワーさんが叩いているとやっぱり悲しいです。火種はないほうがいいです。

人の励みになる言葉を贈るのは難しいしまだ全然できないんですが、私のくだらないツイートを見てたった1秒でも悩みを忘れられたり、こういうクソ真面目なブログを読んでちょっとでもわかるなぁと頷いてもらえたり、そんなのでいいんです。

豆粒ほどの明かりでもいいから、誰かの心に灯せることを願っています。

あおでした。