明日は。

制服に袖を通すのも、明日が最後です。

卒業する実感はありません。特に成し遂げたこともありません。キラキラしたJKライフとはかけ離れた日々を送っていました。楽しかったけど、どちらかといえば苦しかった。

それでも 「楽しかったな」 と思えるのは、支えがあったから。親友やコブクロの音楽や、他にもいろいろ。一人きりでは歩いてこれなかった。

でも、ずーっと支えてもらうわけにはいかないんです。一人でも進めるようにならなくちゃ。

補助輪を外して、一人で漕ぎ出す。
卒業ってなんとなくそういうイメージです。



ただ、ちょっと不安なんだ。卒業してやっていけるのかな。泣いたりするのかな。

ひとまず、おやすみなさい。


あおでした。