何故、ライブに行くのだろう

このところDVDをよく観ている。
そしてどの映像を観ていても、いつも同じことを思う。

「ライブ」ってやっぱり、「生」に満ちあふれている。「生」がきらめいている。


back numberのアルバム 「シャンデリア」 初回特典としてついてきたライブ映像。それを観ていたらめちゃくちゃに泣けてきた。思い出が蘇ってきたとか、ライブが最高すぎるとかではなくて (それもかなりあるんだけど) 、とにかく美しかったのだ。

生き物のようにめくるめく照明。顔をくしゃくしゃにしながら歌うボーカル。曲の感情に寄り添うベース。全身で生み出されるドラム。ひとつの生命体みたいに共に飛び跳ね、共に拳を突き上げるオーディエンス。

美しかった。

全力で、命がきらめいていた。

その瞬間にだけ爆発する何かが、そこには確かにあって、だからこんなに、ライブというものに惹かれるんだと思う。


魂をふりしぼって、命を削って、輝く。

自らを燃やすことで光を放つ流れ星みたいに、刹那的な美しさが、ライブにはある。

一瞬しか見ることのできないその光を探しに、私はいくつもライブに行ってしまうのだろう。そのあたたかさに触れるたび、またローソンに発券しに行ってしまうのだろう。これはもうライフワークなのだ。


お金がなかろうが、セトリが同じだろうが、私はライブでしか出会えないあのきらめきを、どうしようもなく見たい。みんなと同じ歌を聴いて、同じように泣いたり笑ったりしたい。拳を突き上げて、拍手を送って、ライブという作品のひとつに組み込まれたい。そんなふうに思うのです。



ちなみに次のライブはセカオワセカオワのライブは五感をフルに刺激される、ダークなテーマパークのようなライブです。

そこでもまた、あのきらめきを探してしまうんだと思います。そして歌に、演出に、それを見つけてはまた虜になってしまうのだと思います。楽しみ。わくわく。


クソマジメな長文に付き合ってくれてありがとうございました。

あおでした。