あおいろ濃縮還元

虎視眈々、日々のあれこれ

音楽

セーフティバントツアー

6/9、ロックの日にMy Hair is Badを観た。 「〇〇ホームランツアー」 と冠したライブをやってきたマイヘアが次に繰り出したのは 「セーフティバントツアー」。急に守りにきた。 東名阪+札幌を巡るゼップツアー。チケットをさばくのが難しいことで有名なゼップの…

いちばん好きなバンドのはなし

小学生のときコブクロに惚れて音楽のすばらしさを知った私は、中学生で back number を好きになったのをきっかけに邦ロックにのめり込む。 back numberをはじめとし、アジカンを聴き、派生してKANA-BOONにハマり、ゲス乙女もキュウソもドロスもフォーリミも…

OTOツアー横浜記 3/3

コブクロOTOツアー、横アリ2日目。 (横浜観光のはなしはこちら。マジでひとり旅満喫してるだけの話なので、暇な人だけどうぞ。→http://bloomsky.hatenablog.com/entry/2018/06/07/002214) (横アリ1日目のレポはこちら。こっち先に読んだほうがいいと思い…

眠る街、ど真ん中で

大通~すすきのにて行われる 「四番街まつり」。 その野外ステージで、THE BOYS&GIRLS、通称ボイガルのライブを観た。 ボイガルは2度目。「桃白白ナイト」 というマイヘア主催のライブ以来2年ぶり。 歌詞に 「新川通り」 だとか道民に馴染みのある単語がばしばし出…

OTOツアー横浜記 2/3

コブクロOTOツアー、横浜アリーナ1日目。 の様子を綴る前に、ワンクッションとして、願望垂れ流しツイートをざっと載せておく。 (そのあとの文章からはがっつりネタバレかますので、嫌な人はここでブラウザバックお願いします) 完全に私の願望だけども、オ…

UNISON SQUARE GARDENを解剖する。

UNISON SQUARE GARDEN を誰かに勧めるとき、「曲すごくイイよね!でも、歌詞の意味がよくわからない」 とよく言われる。 確かに。ユニゾンの歌詞が大好きな私でも、初見じゃ全然わかんない。 「一聴ではわからないなら それこそが贅沢な暇潰しだって思いはしな…

ぼくらのTOGENKYO

2017年11月19日、札幌ファクトリーホールにてフレデリックを観た。 この夏、フェスで3回もフレデリックを見る機会があった。初めてのワンマン。どきどき。 物販付近にどどーーんとあった。 マーブルラババンごっつかわいい。わかりづらいけどこのTシャツは例…

エイプリル、1日前

3月31日、mol-74のライブを観た。 夜から朝へ、冬から春へ。そんなコンセプトを見事になぞる美しいライブだった。 mol-74、読みはモルカルマイナスナナジュウヨン。愛称モルカル。なぜこんな読み方をするのかについてはボーカル武市さんの固定ツイートを参照…

ギャラクシーホームランツアー

My Hair is Bad の初ホールツアーを観た。 今回のツアーでは電子チケットが導入されていた。入場する際、紙でできた 「思い出チケット」 なるものを貰える。 栞サイズでかわい~ マイヘアがホールツアーをすると聞いたとき、素直には喜べなかった。全席指定の…

スペースシャワー列伝2018 札幌

スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2018。2月28日、札幌 cube garden にて行われた公演はツアー4本目だった。 アイビー、ラウンジ、サウシー、リーガルリリー。期待の若手バンド詰め合わせみたいな最高のメンツ。これでチケット3300円って破格。6000円くらい…

明けまして、2018

あけましておめでとうございます。 もう2018年になってしまったのですが、2017年に読んだ本・観たライブの総括をしたいと思います。 ◎2017年に読んだ本 朝井リョウ 「ままならないから私とあなた」 「風と共にゆとりぬ」 有川浩 「ヒア・カムズ・ザ・サン」 「スト…

心ツアー

さいたまスーパーアリーナにて行われたセミファイナル公演が、私にとってはツアー初日であり千秋楽だった。 地元の札幌公演は、試験と重なって断念した。だから、この1日を心待ちにしていた。 ところが。前日に北海道全域の航空システムがカンスト、当日は…

フレデリバリー

フレデリックによるポストカードお渡し会、その名も 「フレデリバリー」 に行ってきた。 ミニアルバム 「TOGENKYO」 の発売日である10/18は、渋谷に康司さんと武さん、札幌には健司さんと隆児さんが、それぞれ二手に分かれて来る。私は札幌に参加した。 (TOGENKY…

RISING SUN 2017 ⑤

【My Hair is Bad】 誰にとっても100点満点のライブなんてない。 だけど、30分のステージでも2時間のワンマンでも、小さなライブハウスでも大きなフェスのステージでも、いつだって200%の熱量でやりきるのが My Hair is Bad だと思う。 本編に入る前に。この…

RISING SUN 2017 ④

【[Alexandros]】 いったん帰宅し、体力フル充電して、いざ後半戦。 道はぬかるみまくっていて、田んぼ通り越して沼だった。長靴とレインパンツ履いて大正解。 ギタリストの白井眞輝氏を熱烈に推している私は、右側に陣取った。前から2列目。推しのためなら…

RISING SUN 2017 ③

【back number】 の前に、一瞬だけバニラズを観た。「蝦夷ロッカー!歌おうぜ~!」 という牧さんの煽りから始まる『おはようカルチャー』。 EARTH TENTの場外に溢れだした人たちが、楽しそうに体を揺らしていて最高だったけど、心を鬼にしてSUN STAGEへ向かう…

RISING SUN 2017 ②

【フレデリック】 13:30~ EARTH TENTのトップバッター、フレデリック。 サウンドチェックは本人たちが出てきていた。ボーカルの健司さんはなかなか出てこなかったんだけど、ステージ裏?袖?で音に合わせて楽しそうにノッてる姿が丸見えだった。なにこの人…

かなしいうれしい

フレデリックのニューシングル 「かなしいうれしい」 をゲットした。 左が通常盤、右が紙ジャケット仕様の初回盤。上のはサイン入りステッカー。サインって印刷なのかなと勝手に思ってたら、ガチ直筆サインで震えおののいた。労力ハンパないでしょ……ありがとう…

RISING SUN 2017 ① 出発編

8/11~13の早朝にかけて行われる RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017。 2日目に参加しました。 出発~到着してフレデリックが始まる前まで書きます。今回はライブレポは一切ありません。悪しからず。 あいにくの雨模様。ジョインアライブ然り、今年はとことん雨…

夏フェス大好き芸人

成人して良かったなぁと思うことって、フェスでモヒートが飲めることぐらいだ。今週末は待ちに待ったライジングサン。ライジングのモヒートは超美味しいらしいので楽しみです。わくわく。 ライジングサン、今年は2日目参加です。 フレデリック→ブルエン前半…

ロックフェス持ち物ガイド

ロックフェス初心者さん&自分用のメモとして、「フェスの持ち物・服装」 「雨天時の持ち物・服装」 「オススメしない持ち物・服装」 についてまとめておきます。 ① 基本の持ち物 ② 基本の服装 ③ 雨天時の持ち物 ④ 雨天時の服装 ⑤ オススメしない持ち物・服装 の順…

顔ファンなんてクソ食らえだ

「ドロスはカッコいいから好き」 って言うと、120%顔ファンだと思われる。違う。顔も好きだけどそうじゃないんだ。顔も好きだけどさ。 [Alexandros] が本当にカッコいいのは、端正なルックスでも、スタイリッシュな衣装でも、英語と日本語を巧みに編んだ曲です…

JOIN ALIVE 2017 ④

最後は go!go!vanillas。 正直に申し上げておくと、私はバニラズについて何も知らない。『ラッキースター』しかまともに聴いたことがない。 だからここに書くのは 「はじめてのばにらず」 とでも言うような、素人丸出しの感想文である。ファンの皆さんは物足り…

JOIN ALIVE 2017 ③

いざ THE ORAL CIGARETTES。 オーラルが始まる前、同じステージではなんと郷ひろみがライブをしていた。いかにもライブキッズといった風貌の、高校生ぐらいの女の子たちが『お嫁サンバ』を口ずさみながら軽やかに駆けていく。音楽は世代を越えるんだなあと妙…

JOIN ALIVE 2017 ②

お次はフレデリック。 数ヶ月前にハマったばかりだけど、毎日コンスタントに聴き続けている。フレデリックには、クセになりすぎちゃって手放せない煙草みたいな、収まりのよい中毒性がある。 FUTURE FROWERS というステージに30分前に駆け込むと、既にドラム…

JOIN ALIVE 2017 ①

ジョインアライブに行ってきた。 7/15,16の2日間にかけて、岩見沢のグリーンランドという遊園地で開催される、道内ではライジングサンに次ぐ大型フェス。 私は2日目に行ったので、ざっくりレポを。 お目当てはフォーリミ、オーラル、フレデリック、バニラズ …

I ♡ CD shops!

Mr.Childrenの桜井さんが手がける 「I ♡ CD shops!」 というプロジェクトをご存知だろうか。 桜井和寿「I ♥ CD shops!」プロジェクト開始「CDを手に取る喜びを感じてもらいたい」 (2016/11/07) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ド…

感動の対価

行きつけの図書館に 「ROCKIN'ON JAPAN」 が置いてある。邦ロックファンのバイブルともいえる雑誌。 買わなくてもいつでも読めるんだけど、気に入ったインタビューや写真が載った号は、きちんと買うことにしている。 今月号 (2017年7月号) も、[Alexandros] の…

All Our Yesterdays

back numberを2年ぶりに観てきました。ワンマンだと3年ぶり。 今回はいつものライブレポとは違って、バリバリ私情挟みまくるので、「あんたのエピソードは別に聞きたくない」 って方はさよなら。ネタバレ見たくない方はツアー終了までお待ちください。 All O…

一心同体

シングル発売まで取っておこうと思っていた『心』のMVを、ちらりと見てしまった。いろんな想いが溢れて止まらなくなって、何度も再生ボタンを押した。 NAOTOさんやチームラボと近々何か大きなことをやるのではないか、というのは薄々察していた。予想して…