桃白白ナイト

強烈な、35分間。

忘れられない。忘れない。初めてライブハウスで観た My Hair is Bad を。

 

「忘れたくないことだけを 覚えていく」

 

この日、椎木さんはそう言った。

だから書き残しておく。ずっと覚えておくために。だって忘れたくないのだ。笑って泣いて飛び跳ねた、嵐のような35分間のことを。

 

 

 

札幌のライブハウスにて、マイヘア主催で行われた『桃白白ナイト』という対バン企画。対バン相手はいずれも北海道のバンド。水曜というド平日にもかかわらず、チケットは2分で完売。キャパは300くらい?

 

My Hair is Bad の良さを挙げるとキリがない。言葉の選びかた、韻の踏みかた、描写のリアルさ、エグさ、女々しさ。でもやっぱり1番なのは、目が離せなくなるアツいパフォーマンスだ。

 

ライブがとにかくヤバい、と聞いてはいたけど、まんまとライジングサンで虜になった。

( 詳しくは、過去のブログにレポ書いてます→http://bloomsky.hatenablog.com/entry/2016/08/30/114528 )

あの鮮烈な30分間にまた出会いたくて、またマイヘアの掻き鳴らす魂に触れたくて、焦がれていたところに舞い込んできた『桃白白ナイト』。迷わず参戦キメた。

 

 

【出演者】 ALL IN A NUTSHELL / My Hair is Bad / TAGNUTS / THE BOYS&GIRLS

演奏順はナッツシェル→ボイガル→タグナッツ→マイヘア。他のバンドについては詳しくないので、マイヘアのみレポします。

時系列ぐちゃぐちゃなニュアンスレポです、それではどうぞ。

 

 

2016 10/12 (水) セトリ

アフターアワー

彼氏として

悪い癖

告白

クリサンセマム

元彼氏として

フロムナウオン

真赤

アンコール

優しさの行方

 

 

舞台上に3人が現れたとき、オーディエンスの熱気が高まった。音響チェックする間もふつふつと沸き続け、ライブが始まると同時に沸点に達した。前のほうへどっと押し寄せる人波。

いざ、幕開け。

 

 

「僕ら最高速でいつだって 走れるわけじゃないんだって いつかは 止まってしまう日が来る」と歌う『アフターアワー』。

 

ひとたびステージへ上がると、普段の人懐こい笑顔からはかけ離れた、情熱むき出しの椎木知仁がそこにいる。いつか止まってしまうことを知っているからこそ、マイヘアはこんなにも全力で、最高速で駆け抜けているのかな、と思う。

 

 

「桃白白ナイト、ってどういう意味か知ってる?」と椎木さん。

「ググってください。言えないから。ググって。(笑) 昨日ね、(ボイガルの)シンゴと中高生向けのラジオに出たんだけど。由来聞かれて、答えらんなくて…(笑)」

そう濁していたわりにはあっさり 「セ×××キャバクラのことです」 と答えを明かしてしまう。札幌に桃白白という名前のキャバクラがあるらしい。

 

「俺も行ったことはないよ。別に行きたいとも思わないよ!…でもさ、こんな名前付けちゃったからには、挨拶でも行かないと (笑)」

めっちゃ行きたそうじゃねえか。

 

 

 

新曲やります!と始まった『告白』。

韻の踏み具合が絶妙なアッパーチューンながら、どきりとする歌詞が胸を刺す。「未来に期待したい なんて撤回だ 今だけでいいんだ」 「誰かに合わすのはやめたんだ」 「どうしたいんだ そんなバックグラウンドに興味はない」。

今を生きてるなあ、とつくづく思う。過去は顧みず、いつか衰える未来があることを知っていて、マイヘアは今を全力で生きる。自らを燃やすことで輝きを放つ星みたいな、懸命な姿に心打たれる。

 

 

 

「桃白白に行ったことはないが、デリヘルはある」 と指を2本立てる。2回ある、らしい。

「1回目はおばあちゃん。おばあちゃん…。11000円もしたから、してもらったけど。そして2回目は!背の高いギャルだった!」

 

拍手が起こる。椎木さんのタイプが、キャバ嬢やギャルみたいな女の子なのは大体みんな知ってる。好みの子でよかったね!の拍手なのか。マイヘアのファン、椎木さんの性事情に寛容すぎない?

 

ちなみに17000円したらしい。デリヘル呼んだことと、内容まで話しちゃうバンドマンがどこにいるんだ。赤裸々すぎる所も魅力のひとつではある。

 

 

「札幌は、カッコいいバンドいっぱいいるね」

「タグナッツ オールインナッツシェル ボーイズ&ガールズ 正義 正解 不正解 有名 有名じゃない そんなのどうでもいい 俺たちは親友だ」

「平日のライブハウスに来てくれてありがとう」

 

平日のライブハウスに人を集めるのは簡単じゃない。対バン企画に乗ってくれたタグナッツやナッツシェルやボイガルがいて初めて、今日という日が成り立っている。

 

この日の椎木さんは以前見た時よりもがっつき度合いというか、噛みつかんばかりの前のめりさ、が薄かった。その代わり、ボイガルのシンゴさんをはじめとする仲間への感謝が濃かったように思う。

 

 

『フロムナウオン』はマイヘアの真骨頂。サビ以外の歌詞はほとんど毎回アドリブ、という凄まじい曲。どんなこと言ってたかは記憶ぶっ飛んじゃったけど、それはもう。すごかった。

 

 

 

「挿れるの?挿れないの?と聞かれ 挿れますと答えた ロックバンドでもロックスターでもない 24歳の男がいた」

「時代は流れる どんどん忘れていく どんどん忘れていく 楽しかったことも悲しかったことも苦しかったことも忘れていく 時代は流れる 忘れたくないことだけを覚えていく」

 

忘れたくないことだけを覚えていく。その言葉を聞いたとき、この瞬間をずっと覚えていたいな、と思った。

 

フェスで初めて観たマイヘアも、この日ライブハウスで観たマイヘアも、いつかホールやアリーナで観ることになるであろうマイヘアも、覚えていたい。

 

椎木さんのTシャツがグレーだったことや、バヤさんとヤマジュンに至っては姿すら見えなかったことも、忘れていくのかもしれない。でも、3人の掻き鳴らした音に心動かされたことだけは、ずっと覚えていたい。

 

 

 

 

 

3人が退場したあと、アンコールを求める手拍子が起こった。たちこめる熱気のなか、ぼーっと手を叩く。ステージはあっという間のようで、永遠にも思えた。

 

ライジングサンでマイヘアを観たとき、年内に絶対また観たいと思った。今までにないレベルで渇望した。

そのたった2ヶ月後、2分で完売したチケットを勝ち取ったこと。小さなハコでマイヘアを観られること。夢中で飛び跳ねて、MCに笑って、切ない歌詞と熱のこもったパフォーマンスに泣きそうになったこと。

この場所に立てていることが奇跡みたいに思えて、なんだか泣きたくなった。

 

 

「話せないことがたくさんある!!…でもデリヘルの話しちゃったもんな。これは話せないと思ったけど、話しちゃったもんな」

出てくるなり、またもやデリヘルの話をはじめる。35分(と本人が言っていた)のステージ中、どんだけこの話題に時間割いてるんだ。

 

「(夜中の)4時くらいにヤマジュン呼んで、どの子がいいかな?!って。この子にしようって決めて電話かけて、えっ今日はいない?じゃあこの子?いや絶対この子だよ!…17000円かあ…。ねえ17000円だって…とか言ってさ。(笑)」

 

「いつかもっと売れる!」で止めときゃカッコいいものを、「そしてもっと高いデリヘルを呼ぶ!」と続けるあたりがマイヘアらしい。

 

 

アンコールは『優しさの行方』。

「とられて困るくらいなら その手で持っておくんだよ」という歌詞になぞらえて、椎木さんは叫ぶ。

「ポケットの中でもない。はたまたカバンの中でもない。その手の中に持っとけ!」

 

何を持っておくのか、一人ひとり違うものを思い浮かべただろう。私はこの夜のことをずっと持っておきたかった。桃白白ナイト、なんてふざけた名前の夜を。目まぐるしい35分間を。

 

というわけで、ここに記しておきます。ありがとうございました。

 

 

 

読みにくすぎる長文でごめんね、書かずにはいられませんでした。あおでした。

 

雨垂れ

のようにぽつぽつと、フリースタイルな記事を書きます。

 

満たされていると、文章を書く気が起こらない。スランプ起こしてるときほど創作意欲(=ブログ更新したい欲)が泉みたいに湧き出てくる。それはもうぶわああっと。最近めちゃくちゃ楽しいから、ブログのことを思い出しもしなかった。

 

後期はだいぶ時間にゆとりが出来そうなので、好きなことやりまくろう!精神で生きてる。手始めに図書館に通いつめ、見境なく読みあさってる。いま確認してみたら12冊ほど読んでいた。今後読み継いでいきたいほどおもしろかったものもあれば、腹立たしいほどつまらなかったものもある。そういうの全部から吸収したい。何を、かはわからないけど。

 

それとライブにもガンガン行くつもり。今年中にコブクロ(名古屋と大阪)、マイヘア、空想委員会、アジカンKANA-BOONのツーマン、ゴールデンボンバーのライブに出没予定。雑食。

 

そんなに何度もライブに行って金欠になってバカみたい、かわいそう、という目で見てくる人も多いけど、人の好きなものをけなさないと生きていけない心の貧しいあなたのほうがかわいそう、と思う(ことにしている)。

 

反対に、どっぷりのめり込める好きなものがある人ほど、他の人の好きなものにも寛容だなあと思う。というか、いろいろ言葉を尽くして、すごく嬉しそうに好きなものの魅力を伝えようとしている人ってかわいくないですか。魅力的じゃないですか。微笑ましいじゃないですか。

 

風が冷たくなってきた「秋の入り口」って感じのこの時期がいちばん好き。10月にもなると、北海道はストーブつけたくなるぐらい寒い。だから今ぐらいがちょうどいい。北海道民は寒さに強いってだけで、寒さを感じないわけじゃない。

 

あ、あとね、ちゃんと勉強もしないとだめだなと思ってる。まだ思ってるだけ。ポテンシャルがものすごくある人たちが怠けているのを見て、ペーペーな私でも陰で死ぬほど努力すれば追い越せるんじゃね?なんて。卒業するときにでも、あお頑張ってたよね、ってリア友に言わしめたら私の勝ち。ひそやかな勝利のために虎視眈々とやってきたいと思ってる。まだ思ってるだけ。

 

やりたいことは無限にある。楽しい。

あおでした。

 

書く

ひとつ、忘れられないことがあります。

 

文章を書くのが小さい頃から好きで、高校で文芸部に入りました。小説や詩や短歌を書いて、部誌にまとめるのが主な活動でした。当時使っていた「えそら」というペンネームは、その頃よく聴いていたミスチルのエソラという曲から来ています。

 

楽しかったけど、きっかり1年で辞めました。向上心や闘争心が周りになさすぎて物足りなかった。このままなあなあで適当に褒め合ってても上達なんてしない、嫌いになる前に切ってしまおうと円満に辞めました(周りに迷惑はかけてしまいましたが)。

 

部活を辞めて、文章を書くことはなくなりました。それでもツイートやライブレポを褒めてもらえると心踊りました。一方通行じゃない、見てくれてる人がいる、届いてる人がいる。言葉のいいところは、大なり小なり人の心を揺さぶれることだと思っています。誰かの心を揺さぶることができて嬉しかった。

 

そんなとき。高3になり、英検の一次試験に合格しました。一次の筆記試験に受かると、二次は面接があります。私と2年生の女の子とで、面接練習を受けることになりました。放課後、先生と3人で音読や質問の受け答えをみっちりと練習しました。

 

練習が終わり、帰ろうと階段を降りていたときのことでした。か細く私を呼び止める声がありました。その女の子です。ぎこちなく振り返った私に、その子は言いました。

 

「えそらさん、ですよね」

 

最初はなんのことだかわからなかった。1年以上も前に使っていたペンネームを、言われて初めて思い出しました。その子は続けて、部誌で私の作品を読んでとても記憶に残っていた、みたいなことを言ってくれました。

 

作品には本名は記しません。ペンネームだけです。ただ、部誌のいちばん最後のページに、この人の本名はこうですよというのがちょこんと載せてあるだけ。

 

つまり、私の作品を面白いと思ってくれて、本名が載せてあるページまで見てくれて、練習中に先生が呼んでいた名前を聞いただけで「えそら」と結びつけるほど記憶に残してくれていたということです。

 

覚えていてくれる人がいる。こんなにも届いていたんだ。私の言葉がその子のなかに息づいているのを目の当たりにして、嬉しくて嬉しくて泣きそうでした。

 

ツイートならこれを読んで少しでも笑ってもらいたいとか、ライブレポなら少しでも雰囲気を思い出してほしいとか、色々ありますが、私がなにかを書くときの芯は「誰かの心を揺さぶりたい」というシンプルな欲求です。

 

あんなに「届いた」と実感できたことは他にありません。荒削りで青臭い作品だったと思うけど、好きだと思ってくれたことも、名前まで覚えてくれていたことも、すごくすごく嬉しかった。

 

このたったひと言が嬉しくて、いまだに覚えている。なにを話したかは忘れたくせに、肌寒い廊下、私を呼び止めた声、あのとき湧き起こった感情をまざまざと覚えている。

 

あの一瞬があったから、私はなにかしら書くことをやめられない。「伝わる」っていうのがどういうことなのかを、本当に知ったあの日から。

 

 

長ったらしいけどつまり、これからもレポとか自己満足でいっぱい書くけどよろしくねチェケラ、ってことです。

そして、ツイートやブログが好きだと言ってくださるの、本当に本当に嬉しいです。こちらこそいつも読んでくださってありがとうございます。

あおでした。

ライジングサン'16 ⑨

2日間だけ現れる楽園。参戦は今年で2回目ですが、早くもライジングサンの虜です。

 

ライブがどうしようもなく好き。命をばちばち削る音に満たされるあの空間。会場にいる者しか味わえないあの熱気。ミュージシャンが鳴らす音だけではなく、客の歓声や曲に合わせて突き上げられる拳も含めて、ライブというひとつの作品が完成する。たまんないね。

 

だから、1日に何回もライブが観られるフェスは素晴らしいのだ。しかもライジングサンはオールナイトフェス。しようと思えば、朝までライブを観続けることも出来ちゃう。

 

とんでもなかった暑さも砂埃も物販の行列も、もはや愛しさすらある。チケット高くても休み取りづらくても、なんとしても毎年行ってやる。ライジングサンが好きだ!!

 

絵音さんの情熱的なギター、クレイジーな田淵ステップ、椎木さんの激アツ即興MC……観たかったものがことごとく観れた。お母さんはユニゾンのDVDを買ったり、私はマイヘアのバンTを部屋着にしたり、未だに余韻にずぶずぶ浸っている。

 

忘れたくない。ずっとずっと覚えていたい。そんな思いでレポを書いていました。私がこれを読み返すことで、色々なことを思い出せたら。誰かがこれを読むことで、こんなことあったなあって懐かしんでくれたら。そんなことあったんだなあって知ってくれたら。そしたら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。ライブレポは是非またやってみたいので、その時はよろしくお願いします。

f:id:bloomsky:20160910014324j:image

また来るぜライジングサン。

あおでした。

 

 

ライジングサン'16 ⑧

ゲスの極み乙女。

 2016 8/13 セットリスト

キラーボール

パラレルスペック

私以外私じゃないの

ロマンスがありあまる

新曲

キラーボール (adult ver)

サイデンティティ

アソビ

餅ガール

jajaumasan

ドレスを脱げ

 

スタンディングゾーンに飛び込んでいったときには、『私以外私じゃないの』中盤に差し掛かっていた。ここから『ロマンスがありあまる』へと続き、例によって夢中で飛び跳ねていたせいで曲中の記憶がありません。

 

ちなみに私は、私生活がどうであれ、絵音さんの音楽が才能に満ちあふれていることに変わりはないと思うよ。語り口調のAメロからエモーショナルなサビへ畳み掛けていく手法も、全編通して漂う独特の切なさも、クセになる言葉の遊ばせ方も、絵音さんしか持ちえない魔法のスパイスだ。

 

音楽はあくまで音楽であって、歌手のルックスや素行と切り離したところで聴きたい、私は。かっこいいから好きとか、女にだらしないから嫌いとか、そんなのファッションミュージックとしか聴いてないんじゃない?って思っちゃいます。

 

スタンディングゾーン後方は、歌に合わせて肩を揺らすだけみたいなお客さんが多かった。さっきまでマイヘアで半モッシュ(←私がつくった造語)に突っ込んでいたため物足りなく、母の手を引いて人をかき分け、またもや前から3列目くらいの超良好ポジションをゲット。

 

当たり前だけどやっぱり前列はガチなファンばっかりだから、手を突き上げるタイミングも完璧でちょっと感動する。後列にいると、「この曲知らない(笑)」ってのをよく聞くんだけど、知らないのはいいとして曲中にそれ喋るのやめようよ~~。

 

新曲 (確か『幸せりんご』みたいなタイトル)では、いこか様が普通にハンドマイク持ってバンドセットから出てきた。そんで絵音さんとデュエット。もう観客ざわめいてましたよ。夏の夜を彩るように、艶っぽく響くツインボーカル。ドラムはインディゴの佐藤栄太郎氏。

 

そのあとの『キラーボール(adult ver)』は、オリジナルからガラッとメロディーが変わっていた。個人的にはこっちの方が好みかも。「たった今 わかったんだ」という部分が、メロディーが変えられたまま何度も何度も繰り返される。adult verはライブでだけ聴けるプレミアムなもので、音源化する予定はないとMCで言っていた。

 

『餅ガール』『jajaumasan』『ドレスを脱げ』あたり持ってくんのアツい。聴きたいな~歌うかな~でもSUN STAGEだし有名なやつメインなのかな~~なんて危惧してたのがアホみたい。ばっちり飛び跳ねました。

 

絵音さん色気すごかったし、「コポゥ!」生で聴けたし、ベースめちゃくちゃうまいし、いこか様可愛いし。いこか様好きだから、ツインボーカルと『ドレスを脱げ』聴けて嬉しい。余談だけど、ドレスを脱げのPVを観てぐっとこない男子はいないと思うな。

 

 

ゲス乙女を観終え、私と母のライジングサンは終わりを遂げたのでした。すごい楽しかった。すーーーごい楽しかった。

 

まとめ的な感じで⑨をちょろっと更新して、ライジングレポは終わりにしたいと思います。

あおでした。

ブックワーム

ブックワーム、本の虫とは私のことです。

いつも音楽のことばっか書いてるけど、ライブにハマり出したのは実は高2からで。物心つく前から高2まで本にしか興味ありませんでした。

 

(受験勉強のために高2から読書やめたのに、かわりに音楽にどハマリして、高3の10月末までライブ行ってたのは内緒ね)

 

本格的に夏休みに入ったので、積ん読を消化したいと思います。ラインナップはこんな感じ。どーん。

 

空飛ぶ広報室有川浩

・ラブコメ今昔/有川浩

・死神の浮力/伊坂幸太郎

・世界中で迷子になって/角田光代

・薄闇シルエット/角田光代

・物語のおわり/湊かなえ

・悪人/吉田修一

 

前にも言ったけど、私は気に入った作家さんの本ばっかり、気に入ったアーティストのCDばっかり集めてしまうんですね。偏った収集癖。

 

でもそうすると、その作家さんの文章のクセが移っちゃう。くどい言い回しを多用したり、比喩を散りばめてしまったり。

 

だから最近ではクセがつかないことと、ボキャブラリーを潤すことを重視して、いろんな作家さんの本を同時に借りています。好みモロに出ちゃってるけど。

 

私は普段から、なるべくカジュアルで読みやすい文を書くように心がけています。

 

というのも、中学高校と「いいこと言ってるのに、カタい表現が多くて読みづらい」「面白いけど難しくてわからない」と言われまくったから。面白くても文章がめちゃめちゃなせいで伝わらないっていうのは、ものすごく致命的だと思いました。

 

本を読むだけで文章力がアップするわけはないけれど、こんなありきたりな言葉を組み合わせただけで深みが出るんだとか、ここまでシンプルに書いても充分感動できるんだとか、注意して読んでいるとすごく勉強になります。

 

単純に本が好きで、ページをめくるごとに物語が動いていくあのワクワクを味わいたいというのもあるけど、人生を変えるような運命の1行に出会いたいってのもあるけど、なんか吸収したいなーってやっぱり考えちゃいます。

 

ちなみに朝井リョウ中村航が特に好きです。わりと何でもイケるクチで、グロいミステリーもキュンキュンくるラブストーリーも好き。朝井リョウの「何者」、湊かなえの「少女」、東野圭吾の「容疑者Xの献身」あたりがモロ好みです。語りましょう、ぜひ。

 

いつかブックレビューも書いてみたいな。

あおでした。

DEAR/FROM ME

来年の自分に宛てて、戒めとして書き残しておく用の記事です。

読んでも面白くないし、ちょっと重たい内容だと思います。今すぐ閉じていただいて構いません。ごめんね。

 

 

 

 

資格取得のために春から勉強していました。将来100%使うとは言えないけど、取ってみたかった。ただ好きだったから。やってみたかったから。それだけ。好きだけで通用するわけないのはわかってました。遊べなくなることも承知の上で、それでもいいって、覚悟は決めたつもりだった。

 

でも想像以上に過酷だった。大学の勉強すら追いつかないのに、資格勉強までやる時間なんてなかった。多少はバイトもあった。殺人的なスケジュールの中で、体調を崩さないことと単位を落とさないことを重視すれば、必然的に資格勉強のための時間はなくなっていった。毎回出される宿題も満足にこなせなくなり、大学の課題をやるために講座を休むことが続いた。

 

でも、仕方なかった、なんて言わせない。同じような状況で時間をやりくりしている人もいる。人と同じことをしていても駄目なのに、人以下の努力しかせずに受かろうなんて虫のいい話があるか。友達と遊ぶ時間を減らせば、ライブを減らせば、少しでも時間は作れたはずだった。

 

たぶんこうやってブログにでも残しておかなければ、「でもしょうがなかったよね」なんて言っちゃうんです、私は。だから正当化できないように、あえて人の目につく所に書いておきます。時間以上に覚悟と努力が足りなかったんです。ゼロとは言わない。でも20%くらいしか出し切ってなかっただろ?

 

まもなく試験です。受かっても落ちても、来年はもうひとつ上を目指します。今度こそ時間がないなんて言わせない。ただ好きだから受けたいと思っていたけど、ちゃんと明確なゴールも見えました。将来役立たないかもしれない、でもこうやってもがくことにきっと価値がある。これは絶対にいま必要な挫折なんです。私は失敗しないとわからない奴だから。

 

こうまでする意味があるのか、と思うこともあるけど。たくさん愚痴もこぼした、たくさん遊びも断った、たくさん周りの人に迷惑かけたんだからやるしかない。根性だけが取り柄なんで。

 

来年の今頃は、もっとポジティブなブログを更新している予定です。長々と失礼しました。あおでした。