あおいろ濃縮還元

虎視眈々、日々のあれこれ

晴々

私の大好きなコブクロが結成20周年を迎えた。21歳で結成してから20年。21歳、いまの私の年だ。

 

大阪で生まれ育ち、専門学校を卒業したのち各地を旅人のごとく放浪していた黒田俊介。故郷の宮崎を離れて関西トップの営業マンとして働き、すでに家庭も持っていた小渕健太郎。交わるはずのなかったふたつの点と点が、堺東商店街という地で線を結んだ。

 

互いの音楽的センスに惹かれあい、『桜』を作ったことがきっかけでコブクロを結成する。黒田さんは 「3年やってダメなら一生音楽はやらない」 と言い、小渕さんは仕事をやめる。辛く険しい第2の人生を、ふたりは歩み始めることになる。

 

平坦な道ではなかった。それこそ何もない荒野を切り拓くような。やっと日の目を見たと思ったのも束の間、一躍日本の音楽シーンに名を刻んだコブクロは、いちど歩みを止める。活動休止という名目ではあったけれどのちに黒田さんは、あのときコブクロをやめるつもりでいたと語った。

 

いちど完全に止まった歯車は互いに突き動かされてまた噛み合い、ゆっくりと動きはじめる。あれからまたいくつもの壁を乗り越え、今年の9月に晴れて結成20周年を迎えた。

 

 

 

 

 

 

ベストヒット歌謡祭、御堂筋の真ん中で『桜』『晴々』を歌うふたりを見ていたら涙が止まらなくなった。いちばん最初に作った曲と、20周年の歴史を織りこんだ新曲を歌うなんて。

 

コブクロふたりの軌跡についても思いを馳せたし、同時に、現在21歳の私は20年後どんな大人になれるだろうと考えさせられた。

 

一生かけて追いたい夢も、守るべき人も、大切にすべきものに出会ったときに全て投げ捨てて飛びつける勇気も、いまの私にはどれもない。人それぞれ違うわけで、それでもいいんだろうけど。

 

ただ、20年後の自分に恥じない生き方をしたいと思った。20年後、どんな大人になりたいのか。そのために何ができるか。何を選んで何を捨てるか。きっといま私は人生の岐路に立っている。どの道を選んでも後悔しないように全力で生きたい。そしてその道中で、ふたりの曲を大切に聴き続けたい。

 

あおでした。

忘年会で使えない物真似10選

マニアックな物真似が好きで、家族相手にちょくちょく披露している。ただ本当にマニアックすぎるのと大してクオリティ高くもないので、人前では絶対にできない。

 

これからの忘年会シーズンでまったく使えないマニアック物真似10選を書いておきます。オススメの物真似とかじゃなくて、ふつーに私のガチの物真似レパートリーです。まじで需要ないのでほんとに暇な人だけ読んで。

 

 

 

1. コブクロ

・小渕 「こんばんはコブクロれーーす!!!」

・『轍』2番、もはや原曲とはかけ離れすぎている黒田さんのフェイク

 

2. Mr.Children

桜井和寿 「ドウモアリガトーーウ!!!」

 

3. UNISON SQUARE GARDEN

・斎藤宏介 「こんばんはUNISON SQUARE GARDENです!」 「ヨウコソォ!」 「ラストッ!」 「バイバイ!」

・『instant EGOIST』ライブバージョン、間奏で 「We are kidding!ハッハッハ!!!」 とトチ狂った高笑いをはじめる田淵智也

・昔なにかの動画で貴雄さんに 「イケメンだもんね」 と言われたときの 「そ~れは否めないなぁ~~」 と満更でもない斎藤宏介

 

4. 04 Limited Sazabys

・GEN 「名古屋代表04 Limited Sazabysでぇす!」

・野外フェスで雨が降り始めたときのGEN 「お前らビショビショにしてやるよ!奥まで濡らしてやるよ!」

 

5. go!go!vanillas

牧達弥 「どうもありがっと~↑う!」 「バカになろうぜ~!!」

・プリティが写真にうつるときによくやる、ギュッと目つぶってニカーッて笑うあの顔

 

6. BLUE ENCOUNT

・田辺さんが写真にうつるときによくやる、眉に力入れて下唇ムッてやるあの顔

 

7. THE ORAL CIGARETTES

山中拓也 「お前ら最高かよ!」 「よくできました!」

 

8. My Hair is Bad

・椎木知仁 「新潟県上越市からきましたMy Hair is Badはじめます」

・『フロムナウオン』のときに言ってる or 言いそうなことを椎木知仁ふうに言う

 

9. フレデリック

・『KITAKU BEATS』の煽り、「遊ぶ?遊ばない?遊ぶ?遊ばない?遊ぶよなぁ!」 「遊びきってから…帰れよっ」

三原健司がラジオなどでたまに言う 「やめてぇ~ やめてぇや~」

・『リリリピート』をライブで歌うとき 「繰り繰り返す 繰り繰り返すゥ!!↑」 と語尾つよめにコーラスする三原康司

・『リリリピート』で 「しょっちゅう」 と歌う箇所のクセがつよくて 「スッツ~」 みたいな音を出す三原康司

 

10. 「獣になれない私たち」

・「新海ィ!!!」 と怒鳴る九十九社長

・三郎くん 「恒星さ~~~ん」 「苦味とか雑味とかいらないっすよ~~」 「当然わいせつ罪っすよ??!!!」

・呉羽さん 「あれくらいの男ならごりょごりょいる」

・京谷と寝たことを暴露したとき呉羽さんが腰に手を当ててする 「ん?」 って顔

 

 

 

 

 

 

はい。ご覧のとおりマニアックすぎて全然誰にも伝わりません、ありがとうございました。

 

というかそもそも呉羽さんは、髪型(黒髪ショート)がほぼ同じだし、顔や服の系統が近いから赤リップするだけで恐ろしく似る。もはや物真似とかじゃなく素で似てる。物真似じゃねーじゃん。

 

お粗末さまでした。あおでした。

 

ライジングサン2018 ⑪

キュウソのあとはエレカシとマイヘアを観てベボベで締める、つもりだった。

 

テントで仮眠をとり、目が覚めると尋常じゃなく具合が悪かった。アドレナリンでごまかしていたぶん一気に火を噴いたのだろう。ああ、エレカシ聴きたかったな。そんなことを思いつつ半ば意識を失うように眠る。

 

ところで私らの取ったテントサイトは、奇跡的にSUN STAGEに激近だった。音漏れどころか普通に歌もMCも聞ける。超聴きたかった『俺たちの明日』と『今宵の月のように』のときだけ目が覚めた。さあがんばろうぜ、という声で起きる贅沢。

 

マイヘアだけはどうしても見たくて、レインコートを着て外へ出た。雨に打たれつつ歩いていると猛烈な吐き気がして、ドロドロの地面にうずくまりながら諦める決断を下した。なんせRED STAR FIELDまで20分以上かかる。このときばかりは北海道の広大さを呪った。

 

ライブでは 「諦める決断」 が重要になる。フェスで倒れて本命のライブを見られず、救護室で泣く泣く音漏れを聴いたこともある。ライブハウスで倒れてしばし意識を失い、死を覚悟したこともある。普段はクソ頑固な私だけど、ライブのときばかりは自分の身を最優先に動く。倒れたら元も子もないのだ。

 

眠ったり起きたりを繰り返しながら聴いたDragon Ashもかっこよかった。それまで声すら知らなかったけど。

 

そこからは泥のように眠った。スカパラベボベも観たかったけど、もうどうにでもなれと思った。ただ、おぼろげな意識のなかで『白と黒のモントゥーノ』の 「燃やせ~!!」 が聞こえた気がのは夢じゃないよね。まどろんでいても届く斎藤宏介のロングトーン

 

 

 

 

 

 

次に目を覚ますと、夜はすっかり明け切っていた。時計を見る。朝8時。

 

朝8時?サンが完全にライジングしてるじゃん……。

 

ベボベ観れなかったどころか、朝焼けまでばっちり見逃してしまった。「ライジングサン」 だけに朝日が昇るのを眺めるところまでが醍醐味なのに。またここに来る理由ができてしまった。

 

顔を洗い、歯を磨いてぼんやりテントサイトへ戻っていると、冷やしパインを売り歩いている子たちがいた。自分と母にひとつずつ買おうと思ったが、財布をテントに置いてきていた。

 

ねえさっきパイン買おうと思ったんだけどさ、って話そうとしたら、母が冷やしパインをふたつ持っていたので大爆笑してしまった。考えてることが同じすぎる。冷やしパイン、この3日間ライジングサンで食べたもののなかでいちばんおいしかった。

 


f:id:bloomsky:20181022025553j:image

ライジングサン、総じて楽しかった~~!!

雨だったけど、雨だからこそ『君の瞳に恋してない』の「嵐の中濡れるぐらい構わないからバスタオルは任せた」 のところ楽しめたし、体調崩したのにエレカシも『白と黒のモントゥーノ』も聴けた。好きなバンドはより好きになり、初めましてのバンドの魅力を知れた。

 

sumika 片岡さんは 「日本全国いろんなフェス行かせてもらってる中でライジングサンほどバックヤードが充実してるフェスはない」‬ と、GENさんは「数あるフェスの中でもライジングサンは本物のロックフェス」‬ というようなことを言ってくれた。どのバンドもべた褒めしてくれてうれしい。地元の誇りです‬。

 

楽しかったなあ。地元を離れることになっても帰ってきたいし、家庭を持ったとしても子供を連れてきたい。3日間だけ現れる私のもうひとつの故郷だと思ってます。ほんとうに大好きなフェス。また来年も行きたいな~!!

 

 

3ヶ月に渡ってダラダラ書いてしまったのですが、読んでくださってありがとうございます。今年中にはぴあフェスで観たフレデリックと、ロックの日(6月……!)に観たマイヘアのレポ仕上げたいと思ってる。思ってはいる。

あおでした。

ライジングサン2018 ⑩

21時からのキュウソネコカミを観るため、ピロウズが終わってすぐ会場に入る。

 

音をチェックするだけって感じでさらっと『MEGA SHAKE IT!』1番をやると、ものすごい拍手が起きた。「え!いまので拍手してくれんの~?!」 って嬉しそうに顔をほころばせるヨコタさん。

 

リハーサルでは『GALAXY』を。ライジング初出場のとき1曲目でやって、尋常じゃないほどスベった曲。3年前とは比べものにならないほど、というかリハと思えないほど爆発的に盛り上がった。

 

ライジングサンで21時に打ち上がる花火。どどーんと音がしてみんな一斉に後ろを向く。会場の出入り口から花火のてっぺんがかすかに見えて、そのたび歓声があがる。

 

 

 

キュウソネコカミ

音出し. MEGA SHAKE IT!

リハ. GALAXY

  1. 5RATS
  2. KMTR645
  3. メンヘラちゃん
  4. TOSHI-LOWさん
  5. KMDT25
  6. ビビった(本来2曲目)
  7. DQNなりたい、40代で死にたい
  8. ハッピーポンコツ
  9. The band
  10. MEGA SHAKE IT!(時間あまって急遽)

 

 

 

先に言っておくと今回のキュウソネコカミ、いままでライジングで見てきたなかで史上最高によかった。

 

3年前にEARTH TENTで観たステージは最高に楽しかったし、2年前のSUN STAGE(ライジングサン'16 ④ - あおいろ濃縮還元)なんか泣きそうになった。だけど今回はなんていうか、キュウソネコカミのいいとこ全部乗せみたいな、とにかく圧倒的なステージだった。

 

1曲目の『5RATS』からものすごい盛り上がりよう。こんな身の危険を感じるようなモッシュ久しぶり。だけど 「暴れたいから暴れてる」 って感じじゃなく、キュウソが観られて嬉しくて体が動いてしょうがないみたいなほほえましいモッシュだった。(ほほえましいモッシュ…?)

 

『KMTR645』の キュッキュッキュ~!もばっちり揃ったし、『KMDT25』の例の掛け声も盆踊りも、『家』でもみんな息ぴったり。一体感がハンパじゃなくて、楽しすぎて、たぶん脳内快楽物質みたいのめちゃめちゃ出てた。

 

 

どのくらいすごかったかというと、テンション上がったセイヤさんが本来2曲目にやるはずだった『ビビった』を飛ばしちゃったぐらい。7曲目のときにようやく知らされた。

メンヘラちゃんの前にもう1曲そこそこバカ売れした曲やるつもりだったの、熱気がすごくて飛ばしました!今からやります!」 とセイヤさん。そんなことある?勝負曲飛ばすなんてある…?

 

「おまえらの熱気がすごくて、"ビビった"!」

 

メジャーに行って1、2年で消えるバンド多すぎクソワロタ」 って歌詞、初めて聴いたとき、これでキュウソが1、2年で消えたら笑えないなと思ってた。そこそこバカ売れした時期に賑わっていたファンは離れていったかもしれないけど、キュウソがもし薄っぺらいファッションミュージックを鳴らしていたなら、いまこんなにもアツいライブはできていないと思うのだ。

 

キュウソが鳴らす一音、吼える一小節、すべて受け取って倍の熱量で打ち返すオーディエンス。北海道のお客さんはアツい、とよく言われるのだけど、これはそりゃ言われるわ。薪ストーブぐらいアツいもん。

 

 

DQNなりたい、40代で死にたい』。お馴染み 「ヤンキーこわい」 のコールアンドレスポンスに合わせ、ぎゅうぎゅうに詰まった観客の上を練り歩くヤマサキセイヤ。人の上歩かせたら天下一品。

 

この日の会場はEARTH TENTという屋根つきのハコ。ただし出入り口に扉などはなく、半野外のようになっている後の写真参照)。場外にまで溢れかえるオーディエンスを目の当たりにし、「テントの外まで行く!」 との宣言通りずんずん突き進んでいくセイヤさん。途中姿勢を崩しながらもテントを渡りきって、なんと本当にテントの外まで辿り着いた。謎にじんときてしまった。

 

『ハッピーポンコツ』でも待ちわびていたかのような歓声があがった。セイヤさん、「友達だけれど保護者みたいな あなたたちに恵まれ~!!!」 「おまえら愛してる~!!」 て歌ってくれてもう湧きに湧いた。楽しくて、幸せで、笑いながら泣きそうになった。キュウソのおかげで楽しい~!!!

 

生で見る『The band』、言葉にできないくらい感動した。「やっぱりライブは最強だね すぐそこで生きてる最強だね 音源じゃ伝わりきらない 細かい感動がそこにはあるからだ!!!」 「リアルタイムで出会えたから ライブが見れるの最高だね」 なんて好きなバンドに目の前で歌われたらもうだめ。

 

時間余ったのでもう一曲(いやだからそんなことある…?)、と言って音出しで少しだけやった『MEGA SHAKE IT!』をやってくれた。自分のテーマソングだと勝手に思っているからすごく嬉しかった。

バカになることも必要さ バリバリ真面目にやってれば 溜まるストレス今ここで晴らそう」。私がキュウソのライブに足を運ぶ理由が、このフレーズに集約されている。

 

 

本当に、これまでに私が見たキュウソ史上最高のステージだった。5人の熱意もすごければ、打ち返す観客の熱量もとんでもなくて。最高の化学反応。楽しかったな~~!

 

 

f:id:bloomsky:20181022030421j:image

観客の上を歩いてこの出入り口抜けてったの、そんなんヤマサキセイヤしかできないでしょ…

 

 

次回 ⑪でライジングサンレポ最終回になります。もう少しお付き合いください。あおでした。

 

キュウソネコカミ The band 歌詞 - 歌ネット

キュウソネコカミ - 「The band」MUSIC VIDEO(YouTube ver.) - YouTube

 

走馬灯

平日、大学1年生みたいな頭の悪い飲み会をして、朝通り越して昼近くにラーメンを啜りながら 「もう若くないね」 「なんか二日酔いとかよりも普通にオールに疲れた」 「ハタチ超えたらもうダメだね」 と言い合ったクソみたいな思い出に限って何年経っても忘れられなかったりするんだよね。

 

「たぶん私はこの日のことをずっと覚えていくんだろうな」 とふとした時に思う。本当になんでもない場面で。大会のことは覚えていないのに、帰りに付き添いの先生に奢ってもらったホットココアの味はいつまでも覚えている。受験のことは忘れたけど、マフラーを突き抜ける寒さをまだ覚えている。くだらないことばかりが生き続けている。

 

ものすごく楽しかった飲み会の、どこが楽しかったのかは忘れるんだろうけど。朝でも昼でもない時間、小雨のなか二日酔いと胃もたれを引きずって歩いたろくでもないワンシーンを、なぜだか忘れない気がする。し、忘れたくないからこうして書いておく。

 

ライジングサン2018 ⑨

チューハイのみながらノリノリで sumika を観ていたら超いい感じに酔った。ライブの余韻とアルコールが程よくまわって、ふわふわと多幸感に満ちている。

 

そろそろ肌寒くなりそうだったので、上着を取りに一旦テントへ戻ることにした。(数ある夏フェスのなかで、真夏にもかかわらず防寒対策がいるのってライジングサンぐらいなのでは…?)

 

道中、風にのってどこからともなく山下達郎がきこえてくる。『クリスマス・イブ』をBGMに歩くの、どう考えても贅沢。この曲を生で聴けることがあるなんて思ってなかった。ライジングサン最高~~!

 

小腹が空いたので、トルネードポテトだかハリケーンポテトだか、とにかくなんか凶暴そうな名前のやつを食べた。バーベキューソースとよく合う。あたりは暗くなりはじめ、いちど止んだ雨がまた少しずつ降り出していた。

 

18:50~、EARTH TENTの場外にてピロウズを観る。クリープsumikaピロウズで温存した体力をこのあとのキュウソに全振りする算段だったので、体を揺らす程度に大人しくノるだけにとどめる。

 

the pillows

  1. I know you
  2. Ride on shooting star
  3. カーニバル
  4. サード アイ
  5. Advice
  6. Another morning
  7. Funny Bunny
  8. Thank you, my twilight
  9. LAST DINOSAUR
  10. ハイブリッド レインボウ
  11. Locomotion, more, more!

 

ピロウズに関してはどちゃくそにわかなんだけど、ユニゾンとの対バン(fun time HORIDAY 6 - あおいろ濃縮還元)と去年のBAYCAMPでお目にかかったことがあり、なんと観るのは3度目。

 

フェスということで、知っている曲も多くて楽しい。知らない曲だってどれもかっこいい。田淵さんが敬愛しているだけあるなあ。30周年を目前に控えるピロウズは、どっしりと風格を備えていてかっこよかった。俺も山下達郎観たかったぜ~!と『クリスマス・イブ』を口ずさみはじめて場が沸いた。

 

ずーっと後ろでぼんやり観ていたのだけど、なんだか居てもたってもいられなくなって、ラストの『Locomotion, more, more!』のときには会場の最後尾に突っ込んでいた。心躍らざるをえない最高のロックンロールでした。

 

 

次回⑩ は、もう今まで見た中でも本当にベストアクトだったキュウソネコカミについて。

あおでした。

 

ライジングサン2018 ⑧

クリープハイプに引き続き、EARTH TENTでsumikaを観ることに。トイレに行っている隙にリハーサルが終わってしまったみたいで残念。たしか『栞』のカバーをやったのかな?

 

場外のモニターで、お酒片手に大人見を試みる。プラスチックのコップ片手にゆったりライブ観るやつ、いちどやってみたかった。17:20、陽気な音楽が流れてメンバーが登場する。

 

 

sumika

  1. フィクション
  2. Lovers
  3. カルチャーショッカー
  4. マイリッチサマーブルース
  5. ペルソナ・プロムナード
  6. ファンファーレ
  7. いいのに
  8. Summer Vacation
  9. 「伝言歌」

 

sumika、代表曲しか知らずに臨んだわけだけど、自然と手が上がったり頬がほころんだり、初心者にもやさしい楽しいステージだった。ライブ、というよりもショーを魅せられているような。

 

曲名しか知らなかった『カルチャーショッカー』のノリノリ具合と、『マイリッチサマーブルース』のタオル回しがすごく楽しかった。sumikaのタオルでもほかのアーティストのタオルでも大歓迎!と片岡さんがにこにこ言ってくれたのをいいことに、遠慮なくキュウソのタオルぶん回した。

 

曲はもちろんだけど、心から楽しそうに演奏するメンバーの姿や、片岡さんの言葉にも心打たれた。「YouTubeで音楽聴ける時代だけど YouTubeで満足してたらあなたたちはここには来てないですよね」 「想いを伝えようとしても1年 2年 3年 10年かけても伝わらないかもしれない。でも音楽なら1秒で伝えられると俺は信じてる!」 と言っていたのにじんときて、sumika ちゃんと聴いてみようと思った。いいバンドだなあ。

 

 

「フェスであんまりやらない曲をやりまーす!sumikaのこと好きになっちゃえば "いいのに"!♡」 という曲フリ、かわいすぎてオチそうだった。語尾にハートが見えたもん。

僕に寄りかかればいいのに」 という最後の歌詞、 「僕に乗り換えればいいのに」 って歌ったように聞こえたんだけども、わざとなのかただの空耳なのか判別がつかない。前者だったらおそろしい子だ…。

 

同じステージの前の時間帯、クリープハイプの尾崎さんが場外にまで観客が溢れかえっている光景を見て 「この景色をずっと忘れないと思います」 と言っていたのだけれど(ライジングサン2018 ⑦ - あおいろ濃縮還元sumikaの観客も余裕で場外はみ出してて、本来のキャパの3倍くらいは人いたんじゃないかな。

 

ほんとうに、すごい景色だった。しかも場外にいる人たちも結構ノリノリで。間隔はゆったりとりながらも、お酒片手に跳んだり踊ったりタオル回したり。棒立ちで見てる人全然いなくて、みんななにかしら体揺らしてた。片岡さんが何回も 「後ろのほうまで見えてるよー!」 と言ってくれたのも嬉しかった。

 

sumika、すっごい楽しかった!いつかおっきいアリーナとかでワンマン観てみたいな。

 

 

次回 ⑨ は、一瞬だけ聴いた山下達郎ピロウズについてさらっといきます。あおでした。