あおいろ濃縮還元

虎視眈々、日々のあれこれ

知らない朝日

「あ、私いま、完璧に満たされてる」 とはっきり悟ることが年に1、2度ある。

一部の隙もない幸福。旅行やライブみたいな大きなイベントのときには不思議とそれを感じない。なにもかも満ち足りているとわかるのは、ほんとうに何気ない瞬間ばかりだ。

 

 

 

バイト先の同期で宅飲みをした。1年近く一緒に勤めていたけれど、仲良くなったのはごく最近のことだった。本気でバカなことできる友人を作るのは、歳を重ねるほど難しい。そんな仲になれるなんて思ってなかったよね、トランプをする合間に何度もそう言いながらおおいに飲んで話して笑った。

 

やがて家主が寝落ちし、残った者でとりあえず始発まで寝ておこうということになった。布団に川の字みたいなやつじゃなくて、ソファやダイニングチェアや床にそれぞれ転がるタイプのガチな雑魚寝。私はじかに床に横たわって寝た。

 

朝方いっせいにアラームが鳴る。みんなもぞもぞ起き出したかと思えば 「6時か…」 とつぶやいてまた寝た。私は目が冴えてしまって、昨日のまま散らかった部屋と、そこかしこに死体のように転がる友人たちをぼんやり眺めた。

 

冷え切ったソファに完全防寒で丸まっている友人、無造作に床に寝る友人、ダイニングチェアに座ったまま器用に眠る友人、空き缶とトランプの散らばった無秩序な部屋にゆっくり朝日が差し込んでいくさまが、なんだか妙に美しく思えてただ眺めていた。こんなに仲良くなれると思ってなかったな。いっこうに起きない無防備すぎる友人たちを見ていたらなんだか、幸せだな、と思った。

 

いま私は一部の隙もなく満たされていると、飲み明かした最低な朝にひとり思った。なにも足りないものなんてなかった。すべて満ち足りていた。過去も未来もいまこの瞬間はどうでもよかった。なんていうか、無敵だった。

 

この瞬間自分が最強に幸せだって、はっきりわかることなんて本当に少ない。だから忘れたくないと思った。そろそろ帰るよって叩き起こすまでぼうっと幸せを噛み締めていた朝のこと、みんな知らなくても私だけ覚えていたい。

 

 

あおでした。

 

閑話休題

新年もとうに明け、9cmヒールに10kg近くあるリュックで終電近くまで学校にこもる日々がまたやって参りまして、バスで涙をこらえるためにこれを書いている。風邪をうつされないように付けたマスクとか伸びすぎた前髪とか、雪に湿ったタイツだとかどれもこれも気が滅入る。イヤホンから流れるオンリーワンダーと、帰ったらすぐ熱々の湯船に浸かるぞという決意だけでぎりぎり保っている。やっとのことで立ってんだから誰も邪魔しないでくれよ、ねえ。

箱庭罵詈雑言辞典

UNISON SQUARE GARDENの、口の悪い歌詞がめちゃくちゃ好きだ。

 

ニゾンの歌詞は 「日本一見切れるベーシスト」 こと田淵智也氏がそのほとんどを手がけている。

 

田淵さんは以前、ラジオで 「斎藤くんが うるせえ黙れ とか乱暴な歌詞を歌うのたまんないよね」 といった旨のことを言っていた。

 

これ、むっっっちゃくちゃわかる。斎藤さんがあの爽やかな顔面とハイトーンボイスで、乱暴な歌詞を歌わされている構図がたまんないのだ。「乱暴な歌詞」 自体が好きなのではない。 「田淵智也に乱暴な歌詞を歌わされている斎藤宏介」 が好きなのだ。パッと見優等生タイプの斎藤さんみたいな人にこそ、ワルい/艶っぽい曲が似合うと思う。

 

田淵さんと私の性癖が歪みきっているんだろうか。でも、わかってくれる人もいるって信じてる。

 

ので、今回は 「UNISON SQUARE GARDENの口の悪い/乱暴なフレーズ」 を集めてみた。斎藤さんの歌い方なども含め、私の性癖にクリーンヒットしたものだけを選りすぐったので、これはどう?などといった意見は受け付けません。悪しからず。見落としたものがあれば順次追加していきたい所存。では。

 

 

 

 

  • 23:25 「続いてんだよ わかんねぇかな」

 

  • BUSTER DICE MISERY 「気安くしゃべるな」

 

  • Catch up, latency 「疼くのも面倒だな 背負うものも邪魔なんだよなってさ」

 

  • Cheap Cheap Endroll 「っていちいち聞くんじゃねえ」 「ってうるせえ」

 

  • crazy birthday 「バカじゃないならわかるでしょうに」 「当たり前と思うな素人!」 「(せーの、バカ!)」

 

  • fake town baby 「君が持ってる常識なんかガラクタなんだよ」 「神様はいない 要らない いても要らない」 「うるせえ 黙れ」

 

  • Invisible Sensation 「出しゃばってヘラついたその自意識が気になっちゃう いらついちゃう」

 

  • kid, I like quartet 「お涙頂戴彷彿ってふざけんなよ」 

 

  • MIDNIGHT JUNGLE 「心の溝にワンパンチかますぞ」

 

  • mix juiceのいうとおり 「エゴイズムで邪魔すんなら いの一着で去っちまえ」

 

  • Own Civilization (nano mile met) 「馴れ合いならば他所で頼むぜ」

 

  • Silent Libre Mirage 「ズカズカ土足でさ 上がりこんで何様ってやつだ」 「外野はごみくず」

 

  • to the CIDER ROAD 「お前が容易く決め付けるなよバカ野郎」

 

  • WINDOW開ける 「嫌いなんだよ 媚びんの」

 

  • エアリアルエイリアン 「覚悟もない癖にへらへらするな」

 

  • オトノバ中間試験 「いくらなんでも都合良すぎるから あんたなんかと踊れない」

 

 

  • ラクリカルカレ「どうすんだよ、めちゃくちゃだぞ」

 

  • キライ=キライ 「その他大勢黙ってよ」 「キライキライキライキライ」

 

  • ここで会ったがけもの道 「そこで寝ぼけてやがれグッナイ」

 

  • コーヒーカップシンドローム 「晴れの日が続いても どの道ひとりぼっちだったぞ」 「バカにつける薬を今日も考案中」

 

  • 桜のあと (all quartets lead to the?) 「ありえない不条理はぶっ蹴飛ばしていけ」

 

  • さよなら第九惑星 「嫌いだ、こんな世界は」

 

  • サンポサキマイライフ 「全知全能神様も知ったもんか」 「誰が買うか知らんけど、必要ないんです」

 

 

  • シュゲイザースピーカー 「あなたのバランスなんて聞いてない そうでしょう」

 

  • セク×カラ×シソンズール 「言い訳して逃げ出しちゃうなら最初からやるなよ」 「誰かが不幸せになるようなビートなら鳴るなよ」

 

 

  • ため息 shooting the MOON 「ハーレムの準備していつまで待ってんの?」

 

  • デイライ協奏楽団 「ああ 帰りてぇ」 「バカタレ!二度と言わないって言ってんじゃん!」

 

  • 等身大の地球 「迎える報道陣も急に優しくなりやがった」

 

  • 流れ星を撃ち落せ 「好き勝手やる君はマジでヤバイ」

 

  • パンデミックサドンデス 「どっか行ってくんないかな」 「ああ全部全部意味わかんない 君のその哲学がわかんない」 「少し静かにしてもらえますか」 「容赦ない、邪魔くさい、おめでたい、蹴りたい、殴りたい…stop!」

 

  • ピストルギャラクシー 「その他大勢はうざいからしゃべるな」

 

  • フィクションフリーククライシス 「エンディング向かおうとしてんじゃねえよ」

 

  • マスターボリューム 「「泣いてる、また泣いてる」って知らん顔しやがって」

 

  • メッセンジャーフロム全世界 「少しチヤホヤされたぐらいで 何で有頂天になってんの?」 「急に偉そうになりやがって それはどういうシステムなんですか?」

 

  • 夜が揺れている 「春の桜と君が嫌いだよ」

 

  • ライドオンタイム 「勝手にほざいてろよ」 「黙って眺めてろよ」 「見逃したらざまぁみろ」

 

  • ラディアルナイトチェイサー 「その判別はお前がダサいだけ」

 

  • ワールドワイド・スーパーガール 「今世紀最大のってあおってる割にはちっとも 俺には期待はずれだな」

 

 

 

 

いかがでしょうか。なんか仰々しいタイトルつけたわりには、ただの私の性癖の博覧会みたいなもんなんですが。自己満足。

 

fake town baby」 と 「パンデミックサドンデス」 はもう歌詞丸ごとコピペして貼りつけたいぐらい全部好き。歌い方も好き。

 

あと 「田淵智也に乱暴な歌詞を歌わされている斎藤宏介」 と同じくらい 「天使みたいな顔して実の兄に乱暴な歌詞を歌わせている三原康司」 もどちゃくそツボなので、またの機会にそれもまとめたいと思います。

 

あおでした。

 

 

夜明け

思えば北海道で地震があったあの日から、豆電球をつけていないと眠れなくなった。夢をたくさん見るくせに、起きたら全部忘れているようになった。遺体の本人確認ができるように特徴的な指輪を嵌める癖も抜けない。

 

こないだ久々に同級生で集まって、地震の話題が上がったときみんな星が綺麗だったとか道産子は逞しいよねって明るく結んで、それで簡単に話は終わった。みんな本当にそのぐらいにしか思っていないのか、私みたいに言わないだけなのかわからなくてモヤモヤした。大した実害があったわけでもないのに、自分のメンタルはもっと丈夫だと思っていたのに、なんでまだこんなにも胸がざわめくんだろう。

 

12月30日の夜明け前、数ヶ月ぶりに震度3~4の地震があった。本棚のカタカタ揺れる音と振動で目が覚めて、あのときのことを一気に思い出した。翌朝には死んでいるかもしれないという恐怖を抱きながら、死んでたまるかと思いながら、でもいつそうなってもいいように死ぬ準備を整えながら、ただならぬ覚悟を決めて眠った数日間のことをきっと忘れられないし、忘れちゃいけない。「明日死んでも悔いが残らないように」 という言葉の重みをこの歳で知れてラッキーだったと思いたい。

 

年も明けたことだし、今日から電気を消して寝ようと思う。おやすみなさい。いい夢が見れるといいな。

あおでした。

 

2018年総集編

2018年に読んだ本・観た映画・行ったライブをまとめました。

(ちなみに去年はこういった感じ→ 明けまして、2018 - あおいろ濃縮還元

 

 

【本】

伊坂幸太郎 「砂漠」

石田衣良 「美丘」

歌野晶午 「世界の終わり、あるいは始まり」

江國香織 「泣かない子供」

F 「真夜中乙女戦争」

大山卓也 「ナタリーってこうなってたのか」

小川洋子博士の愛した数式

尾崎世界観 「苦渋200%」

小野美由紀 「傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった」

恩田陸まひるの月を追いかけて」

加藤シゲアキ 「傘をもたない蟻たちは」

窪美澄 「さよなら、ニルヴァーナ

辻村深月スロウハイツの神様 上下」

東野圭吾 「魔球」

益田ミリ 「美しいものを見に行くツアーひとり参加」 「キュンとしちゃだめですか?」

又吉直樹 「劇場」

三浦しをん 「きみはポラリス

三島由紀夫 「夏子の冒険」

湊かなえ 「リバース」

山田悠介 「配信せずにはいられない」

ウィリアム・シェイクスピア 「夏の夜の夢・あらし」

エドガー・アラン・ポー 「黒猫/アッシャー家の崩壊」

トルーマン・カポーティティファニーで朝食を

 

 

計25冊、単純計算で月2冊ペース。上出来。

 

いちばん衝撃を受けたのは 「世界の終わり、あるいは始まり」。普段からミステリーによく親しんでる人ほど足元すくわれるはず。歌野晶午、万人にオススメはしないけど大好き。

 

ダークめな湊かなえが好きなので 「リバース」 ドンピシャでした。いちばんお気に入りの 「少女」 の次に好きかもしれない。

 

ニゾンの田淵さんがいろんな人にプレゼントして回るくらい好きだという 「スロウハイツの神様」、上巻までピンとこなかったんだけど、下巻ですべての伏線が一気に回収されていくのがすごすぎてボロボロ泣いた。

 

 

 

 

【映画】

うさぎドロップ

セッション

二重生活

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使い

 

 

なんとなく観た 「うさぎドロップ」 がめちゃくちゃ良くて普通に泣いた。母子家庭/父子家庭で仕事しながら育児をこなすことがこんなにも大変だなんて。ちょっと前の映画だけど、いま見ても全然色褪せないというか、10年20年経っても遜色なく見られると思った。

 

ファンタビは普通に大好き。時間とお金があればあと5億回見たかった。ニュートかわいすぎない?

 

 

 

 

【ライブ】

2/3 mol-74

2/28 スペシャ列伝(Ivy to fraudulent game、Saucy Dog、SIX LOUNGE、リーガルリリー)

3/16 My Hair is Bad

3/31 mol-74

6/2,3 コブクロ

6/9 My Hair is Bad

6/16 UNISON SQUARE GARDEN

6/28 ASIAN KUNG-FU GENERATION(Nick Moon)

7/8 THE BOYS&GIRLS

8/10-12 RISING SUN ROCK FESTIVAL岡崎体育、Saucy Dog、ASIAN KUNG-FU GENERATIONパノラマパナマタウン04 Limited SazabysUNISON SQUARE GARDENクリープハイプsumikathe pillowsキュウソネコカミ

9/29 PIA MUSIC COMLEX 2018UNISON SQUARE GARDEN岡崎体育、SHE'S、フレデリック

11/24 夢チカライブvol.133(Sunrise In My Attache Case、アルクリコール、ドミコ、パノラマパナマタウン、ハンブレッダーズ)

12/20 sooogood! (The Synical Store、プルモライト、GOMESS、アリスムカイデ)

 

 

 

今年初めて観てオチたのはパノラマパナマタウンsumika、ハンブレッダーズ。ハンブレなんて数曲しか知らずに行ったのに、まんまとハマってしまった。

 

いちばんかっこよかったのはぴあフェスで観たフレデリックで、次点で夢チカライブのパノパナ。アウェイな状況すら巻き込んですべて自分たちのモノにしていくバンドが根本的に好きなのかもしれない。

 

心の底から楽しかったのはUNISON SQUARE GARDEN。ワンマンもフェスも異様に楽しかった。

 

コブクロ横アリ2日目は一生忘れないと思います。大好きな 「どんな空でも」 聴けたので。

 

行きたかった新木場にも行けたし、聴きたい曲もいーっぱい聴けた。エイプリル、煙、幻、YOU、どんな空でも、サンタクロースは渋滞中、無限グライダー、フカンショウ、nem…、栞、流れ星を撃ち落せ、ライドオンタイム、ディスコプール、多分ほかにもたくさん。

 

 

f:id:bloomsky:20181230010714j:image

あといろんなとこにも行った。これはフェス遠征ついでに行ったクリープハイプのすべ展。

 


f:id:bloomsky:20181230010710j:image

今年は手帳のフリーページに、行ったライブのセトリと感想ちまちま書き溜めてた。これは列伝。


f:id:bloomsky:20181230010706j:image

コブクロ横アリ2日目。永遠に智則、いつ見てもじわじわくる。

 

 

 

2018年楽しかったな~!でも来年ももっといい年にする、今年を越えていくので、今後ともよろしくお願いします。あおでした。

 

ヘーゼルナッツ

年内最後の授業を終える。なんとなく友人と別れるのが惜しくて、構内にある自販機でセブンティーンアイスを買って食べた。2018年、色々あったような気も、なにもなかったような気もする。今年はたぶん起承転結のどれでもなく、ひたすら蓄える年だったのだと思う。新章が始まる幕開けの、それよりも前の段階。エピソードゼロみたいな。もう3年生終わっちゃうんだね、体感はまだ2年生の前期ぐらいな感じだよね、なんて言いながらコーンをかじる。きっとまたあっという間に1年が過ぎ、慌ただしく卒業し、大学の友達と会うことも、自販機のアイスを食べることもなくなっていく。こんな瞬間ひとつ取ったって、ものすごく貴重なんだってわかってる。だからってどうもしないけど、こういうくだらない瞬間だってちゃんと覚えていたい。くだらない思い出ほど光るから。

あまい泡

どうしようもなくなったのでカフェに駆け込んだ。

 

学校にいたくなかったし、家にも帰りたくなかったし人にも会いたくなくて、かといってひとりにもなりたくなかった。周りに人はいるけどひとり、みたいなのがよくて、前から気になっていたブックカフェに寄る。

 

なんていうか、ずたぼろだった。カフェじゃなくて私の話。こないだ無理がたたって1週間寝込んだ。野菜と睡眠をとるようにしてちょっと健康になったけど、忙しさの質量が変わるわけでもない。朝から晩まで学校で過ごし、残業帰りのサラリーマンに混じって電車に揺られ、家でも机にかじりつく。次から次へとタスクが積み上がる。もうずっと限界だ。

 

とある授業で失敗した。準備とコミュニケーション能力と、ほかにもいろいろ、あらゆるものが足りなかった。私のことを嫌いな男子(被害妄想とかじゃなくマジで嫌いらしい)に呆れた顔をされて、それが引き金になって、芋づる式にトラウマだった記憶がずるずる掘り起こされた。幼稚園のころのトラウマまで一気に蘇ってしまって、なんだかもう無理だと思った。

 

無理になってしまったとき、機嫌をとるパターンがいくつかある。音楽を聴く、本を読む、ライブDVDを観る、ひたすら寝る、お菓子を食べる、あったかい湯船に浸かる。それと、あったかくて甘い飲み物をのむ。今回はあったかい飲み物がほしかった。

 

 

 

私の前に、注文し慣れていないと思われる男子高校生が並んでいて、カフェオレとカフェラテのどっちがいいか小声で相談していた。ふたりがオーダーを決めるのを店員さんも微笑ましそうに見守っており、この時点でちょっと気分がほぐれた。

 

ブックカフェなので本がたくさん並んでいる。美味しい食べ物に関する本、旅行エッセイ。さらっと読めるものが多くて嬉しい。パンの写真がいっぱい載った本を手に取る横で、先ほどの高校生が 「すっげえ……」「本すげえ……」 と興奮気味に呟いていた。どこまでも微笑ましい。

 

カフェオレだかカフェラテだかよくわかんないまま頼んだコーヒーは、ふわふわした泡がいっぱい載ってた。砂糖じゃなくて牛乳の甘みがする。美味しい。嫌なこと全部どうでもよく、はならないけど、これでまた立ち直れる。私はたぶん人よりストレスに弱いけど、立ち直るスピードはめちゃくちゃ早い。

 

パンの本も、次に選んだ旅行エッセイもおもしろい。暖房もちょうどいい。空いててうるさくなくていい。カフェにありがちの大人しいBGMじゃなく、パワフルな洋楽が小さくかかってるのもいい。高校生がひとことも交わさず真剣に本を読んでいるのも併せていい。全てがちょうどよかった。また来よう、じゃなくて、絶対また来るだろうな、と思った。またこんなどうしようもなくなった日に。

 

がんばる。あおでした。