読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20

20歳。

 

コブクロのふたりが出会い、共に音楽を奏ではじめたのが20歳の頃。私の母は20歳のときに父と出会い、その年に籍を入れた。

 

20歳。節目の年でもあり、試練の年でもある。まだ気づいていないだけで、私はもう既に岐路に立っているのかもしれない。

 

お酒が飲めるようになり、クレジットカードを作れる年齢になった私は、これから何ができるようになる?何ができる?

 

ぼんやり生きてもいい年齢では、なくなってしまったのかもしれない。頑張り時だぞ、おい。今のうちにできるだけライブに行って、たくさん本を読んで、いつか 「あの頃は楽しかったなあ」 って言えるようになりたい。

 

もう何か始まってるのかな。まだまだこれからなのかな。なんであれ、一瞬のチャンスも逃したくない。

 

今年はめいっぱいアンテナ張ります。あおでした。

エゴイスト上等

みんな同じではいられない。友達みんなが持っているたまごっちを買ってもらって、みんなと同じランドセルを背負って、同じ制服に袖を通して、同じ机を並べた私たちはいつか違う世界へ行く。

 

 

友達に入口まで付いてきてもらわなきゃ職員室にも入れないような、みんなと同じCampusのノートを使っていないと落ち着かないような私だけど、昔からこうと決めたらひとりでも突き進んだ。

 

中学の友達が揃って受験すると言った高校を目に留めず、知り合いのいない高校をひとりで目指したし、同級生がひとりもいない部活に迷わず入った。大学受験も似たような感じ。

 

 

 

だってこれは私だけの人生なのだ。長ーーい個人戦。トイレ一緒に行こうよ的なノリで、この先の長い人生まで一緒に歩んでくれる友達もいるまい。

 

いい意味で自分しか信用していないし、自分を裏切らないように頑張ってもいる。自己中心主義、エゴイズムを極めなきゃ、流されずに生きてくなんて無理。

 

 

 

追い越したって置き去られたって、自分の歩幅で歩きたい。他人に合わせてたまるかよ。

 

人生のゴールが山のてっぺんだとするなら、楽な下り坂を選んでのちのち苦労するようなヘマは踏まない。険しい山道だとしたって少しでも上を目指す。付いてこないなら置いてく、ひとりでも行く。そのぐらいの気持ちでいる。エゴイスト上等。

 

 

楽なことより、つらくても楽しいことしたいよな。苦労を惜しまないで、死にかけるたびに強くなるサイヤ人みたいにめらめらと生きていきたい。あおでした。

 

砕けろ

夢と呼べるほど綺麗なものじゃない、「執着」 としか呼べないような目標みたいなものを昔から持っていて。大人になっていくうちに忘れられるものだと思っていた。でも忘れたくないと思っていた。だから、大人に足を踏み入れかけている今になってもやっぱり忘れられなかったりする。本気で成し遂げるスタミナも覚悟もないんだけど、だからってぼんやりフェードアウトしていくのも寂しい話だ。どうしても叶えたい夢、なんてものじゃない。昔から握り続けてきたからじっとり執着しているだけの、このまま手放すのが惜しいだけの、そんなものだ。とっくに必要はないのに、愛着が湧いて捨てられないぬいぐるみのような。でも猛烈に悔しいと思った。泣きたくなるくらい嫉妬心が芽生えて、自分のなかにまだこんなものが残っていたことに戸惑った。どうしたらいいんだろうね。一つしかない答えをずっと見ないふりしてきた。忙しいことを盾にした。忙しくしていれば忘れられると思っていた。でも、寝る暇がないほど忙しくても、生きているのがやっとな時だって、忘れられなかった。ご立派な言い訳を振りかざして逃げようとする自分が嫌いだと思った。余計に悔しかった。忘れたり逃げきれるもんじゃないと思った。ねえ、全力でぶつかってみたらさ、全力で弾け飛んでくれるかな。こんなに頑張っても駄目なら仕方ないねって、真正面から諦められるのかな。諦めるために頑張ることが私には出来るのかな。なにかを賭けてまで手に入れる度胸は私にはない。どんとぶつかって、きっぱり諦めて、あの頃はなんか苦しかったけど楽しかったなあっていつか笑えるような大人になりたいと思ってるんだよ、ちゃんと。区切りっていうかけじめっていうか、そろそろ付けないと、みんなとっくに捨ててるお子ちゃまみたいな理想を持ったまま大人にはなりたくないんだよ。わざわざエイプリルフールなんて半端な日にこんなお経みたいな、おどろおどろしいブログを書かないとやってられないような、このままじゃ駄目なんですよ。執着なんて苦しいだけのこと本当はしたくないんですよ。こんな読み切れもしないような葛藤を持ち続けるのはもうやめて楽になりたいんですよ。だからさ、当たって砕ける覚悟を決めろよいい加減。

タメにならない

毒にも薬にもならないただの日記をだらだらと書く。今日は。

 

 

この頃すごく壮大な夢を見る。昨夜はハリーポッターパイレーツオブカリビアンをごちゃ混ぜにしたような夢を見た。私の乗っている海賊船は3年間岸に帰り着くことができずにいる。岸に帰るためには船底に棲みつく人魚のミイラを取り除く必要があるが、ミイラを取り囲むように邪悪な人魚がうようよ泳いでいるので、なかなか達成できない。みたいな、どこの三番煎じだよっていう夢。

 

ちなみに私がそこでミイラ退治の役を仰せつかるのだけど、「え~~泳げないのにどうやって退治すんの?何かあったら保険おりんの?でも早く岸帰ってライブいきたいし彼氏もほしいな…がんばるか…」 って妙にリアルなことを考えていた。

 

 

 

最近フォーリミを猛烈に聴き込んでる。元々気になり続けてはいたけど、どうしても若者に人気なものって敬遠しちゃうよね。私もバリバリ若者だけどね。お母さんが 「GENちゃんかわい~」 とハマり出したので、それに乗っかるように聴きはじめたらまんまと曲どストライクだった感じ。お母さんには 「オーラルのやまたくの方が好みの顔だと思うよ」 と勧めておいた。まんまと私がフォーリミ、母がオーラルにのめり込んでいる現状。

 

向上心のものすごいバンドが基本的に好きだからさ。「誰か人が書いた物語の中じゃ死ねない」、「死にたくなるほど負けたくないから」 なんて歌詞にまんまとやられた。

 

ところでGENってアジカン喜多建介に顔の系統似てないですか??? 建さんの顔めちゃめちゃ好きなんだよな~!私ああいう顔が好みなのかな。クソどうでもいいな。あ、アジカンのトリビュートアルバム手に入れなきゃ。君という花と未来の破片聴かなきゃ。

 

 

 

カップラーメンでは一平ちゃんがダントツで好きなんだけど、あれってからしマヨネーズかけるじゃないですか。湯気がもう催涙スプレー並に染みないですか?? 好きでもあれは頂けないなあと毎回思いながらもやっぱり食べちゃうよな。アイスでは爽のバニラがいちばん好きなんだけど、あれも四角い入れ物に入ってんの微妙に食べづらくてイラつくのよな。でも食べる。

 

 

 

うちは免許取りたけりゃ自腹って方針なんだけど私大行かせてもらってるだけありがたいよな。おかげで在学中は免許取れなさそうだけどな。

 

「なんで免許取らないの?今取らないと苦労するよ」 なんて言われなくてもわかってんだよ免許取りてえよクソが!!「お金ないので」 って答えるたびにバツの悪そうな顔されんのも慣れたわ!!!みんな免許取って留学行ってる間に国試取ってやるから覚悟しとけよ!!!武器こっそり磨いとくから哀れそうに見んのやめろその顔蹴り飛ばすぞクソが!!!!ってヘラヘラ笑いながらいつも思ってるよ。言わないけど。

 

あーあ、免許の件とはもう関係ないんだけど、真面目なことがカッコ悪いみたいな風潮なに?カッコつけるほうがカッコ悪いんだよ!教えてやんないからカッコ悪いままいればいいよ!

 

 

てか新学期めちゃめちゃ嫌だな。クラス替えとか凄まじく嫌だな。友達作りたくて新しいサークル入ることにしたけど友達作るのめちゃめちゃ嫌だな。またとんでもなく忙しくなるの嫌だな?? 一層好きな勉強ができるようになるからその点に関してだけは楽しみ。はあ~~がんばります。

 

 

 

 

今日のブログは私が普段日記に書いてる感じとほぼ同じテンションで書きました。どうでもいいな。読みやすさとか一切重視してないから読みづらいでしょ。いつものブログはわりと読みやすさとか計算しまくってんですよ。どうでもいいな。

 

あおでした。

 

清水依与吏を褒めたたえる回

「back number 大好き~💞 わたしも彼氏にこんなふうに想われたい💞」 なんて言葉も聞き飽きたあなたへ。

 

今回は 「セフレ曲書かせたら最強」 「依与吏さん作詞うますぎ」 というマニアックなテーマ2本立てでお送りします。

 

 

 

back number にはなぜか、セフレの心情を歌った曲が多い。『助演女優症』『助演女優症2』は確実にそうで、『アーバンライフ』も怪しい。

 

アーバンライフ』は男性目線で書かれたこんな曲。

 

  触れたいだけ 深い意味はない

  お互い何を望む訳じゃない

 

  名前を持たない関係に君はいない

  僕もいないんだ

 

 

次は、女性目線で描かれる『助演女優症』。

 

  都合が良くって頭の悪い女を演じてあげる

 

  私の望んだものはもう全部

  あなたの心以外 今ここにあるから

 

 

今や 「back number まじ泣ける胸キュン~😭💗」 と中高生に言わしめているback number ですが、胸キュンする曲よりもこういう切ない歌詞のほうが得意。

 

満たされているのに空しい『アーバンライフ』。都合の良い女を演じる『助演女優症』。聴いたあとしばらく気分が落ち込んでしまう、妙にリアルな独特の空気感。

 

色に例えるなら白でも黒でもない。雨雲のような、どんよりした不穏なグレー。この色は依与吏さんにしか出せない。

 

セフレ題材の歌を3曲も作るアーティスト、そうそういない。セフレいたことある人か、よっぽどの想像力がある人にしか、こんなん書けないよなあ。依与吏さんがどっちかはわからないけど相当度胸あるなあ。

 

 

ここからは完全に私の憶測ですが。

もし『アーバンライフ』の主人公の相手が『助演女優症』の女性だったら、救いようがなさすぎる。

 

お互いこの薄暗い関係を了承していると思いこんでいる男性。恋心を隠して都合のいい女に徹する女性。あくまで想像だけど、もしそういう狙いがあるとしたら背筋が凍ります。

 

その場合『助演女優症』の女性は、"都合がよくて頭の悪い女" を見事に演じきってる名女優ってことにもなりますね。皮肉にも。

 

 

 

 

 

 

依与吏さんは作詞がめちゃくちゃうまい。誰にでもわかる簡単な言葉を使う、というのが実はいちばん難しい。シンプルな言葉で深みを持たせる技に関しては、一級品だと思う。

 

『幸せ』という、タイトルに反してアンハッピーな曲。主人公がひそかに好意を寄せている男友達には、好きな女の子がいます。主人公は自分の気持ちを隠して男友達の恋を応援するが、心の底では…。という感じ。あらすじだけで既に切ない。

 

切なすぎる歌詞の素晴らしさについては語るまでもないので、今回は 「歌詞の組み立て方めっちゃすごい」 という点に着目します。

 

でも私があなたを好きなくらい あなたも想っているなら 私じゃやっぱりダメだね」 という1節。

 

歌詞の組み立てがそこまで上手くないアーティストなら 「私があなたを好きなくらい あなたもあの子が好きなら」 としがちだと思う。音数は一緒だし、パッと見違和感もない。

 

でもこれだと 「あの子が」の部分は省略できるし、「好き」 ってワードが重複しちゃうんですよね。だから「想う」 というワードに差し替えてる。

 

無意識か意識したのかはわからないけど、実は陳腐な言い回しを避けてるあたり、依与吏さん作詞うまいな~たまらんな~と思う。瞬時にいらない言葉を削り、表現を差し替えて、「あなたも想っているなら」 ってすんなり織り交ぜてくるのはすごい。

 

あなたも (あの子を) 想っているなら」、というふうに、依与吏さんは省略すべき箇所をスパッと省略する技に長けている。

 

ちなみにベストオブ省略は、『西藤公園』の 「私は冬が好き 僕は君が」 だと思う。僕は君が好き、とは曲中で言わない美しさ。余白の美学。

 

 

 

中高生に人気だからって敬遠しないでほしいんです。back number の歌詞はシンプルでイマドキなのに、超深みがあるし美しい。ほんとはもっともっと語りたいけど、今日はこのへんで。

 

あおでした。

 

 

鳴り止む

どんな音楽もいつか鳴り止む。

 

グッドモーニングアメリカの金廣さんが、ポリープ手術に伴い、3ヶ月間ライブ活動を休止するという。

 

ヒヤッとした。ポリープ自体も心配ではあるけれど、筋金入りのコブクロファンである私は 「活動休止」 という言葉に過剰反応してしまう。それはおいおい話すとして、グドモのブログを読んだとき、無理してでもライブ行っておけばよかったなあと心から思った。マイヘアのときも同じことを思った。

 

バイトと金欠が重なり、今回の全国ツアーは断念したのだけど、頑張れば休みはもらえたしお金もなんとかなった。「また今度でいいや」 と見送ったライブが、もしかしたらラストライブになるかもしれないのだ。

 

 

 

信じていた音楽が二度と鳴らなくなることなんて、掃いて捨てるほど、ある。

 

あまり聴いたことはなかったけど、Galileo Galilei や WHITE ASH が解散したときも、BOOM BOOM SATELLITES の川島さんが亡くなったときも、それなりにショックだった。SMAPに関してもまだ受け止めきれていない。

 

カラスは真っ白、というバンドの解散ライブに先日行った。近頃聴いていなかったのにも関わらず、解散はショックだった。インストアライブにもフリーライブにも行ったことはあるし、"フラゲ日にタワレコにCDを買いに行く" なんてことをしたのはカラスは真っ白が最初だった。

 

解散ライブツアーの千秋楽は、湿っぽい感じもなく、トリプルアンコールまできっちりやって終わった。MCでは腹の底から笑えたし、骨の髄まであたたまるようなアツいライブだったのに、明るい幕引きだったのに、どうしようもなく寂しかった。

 

千秋楽が行われた 札幌 Sound Lab mole というライブハウスには、フリーライブで来たことがある。「次はここにワンマンを見に来よう」 と思っていたその 「次」 が、解散ライブになってしまうなんて。

 

行こうと思えば機会はいくらでもあった。なんで行かなかったんだろう? ものすごく後悔した。終わりに立ち会えたことは幸せだけど、終わってしまうまで、どうして追い続けなかったんだろう?

 

 

 

 

「活動休止」「解散」 をこんなに怖いと思う原因は、私の愛してやまないコブクロにある。

 

コブクロは 『蕾』『流星』のヒットから一転、2011年に活動休止をする。小渕さんが喉の病気にかかったためだった。翌年には復帰を果たしているものの、最近になってようやくふたりは "充電期間" の心境を明かしている。

 

コブクロは、活動休止を発表した札幌でのライブを最後に、やめる覚悟でいたという。4年越しに知った事実に尋常じゃなく鳥肌が立った。休止どころか、コブクロそのものをやめるつもりでいたという。実際、やめようとさえ言えば簡単に終わる状況だったらしい。最終的には復帰に至るわけなのだけど。

 

大好きなアーティストが急に活動休止をして、復帰するどころかそのまま音楽自体をやめてしまったら?

 

 

休止中の心境を知って以来、そんなことを考えてしまう。

 

「また次でいいや」 と見送ったその 「次」 が、もう二度と来ないかもしれない。どんな形であれ、私の好きな音楽は、いつか鳴り止む。

 

鳴り止んでしまうその時に、後悔しないように。だからなるべく行けるライブには足を運びたい。歓声を、拍手を送りたい。一瞬一瞬を焼きつけておきたい。そう思う。

 

 

 

だからね、リア友に言いたいのは、バカみたいにチケット代に貢ぐ私の悪癖を許してくれよということ。「行きすぎじゃない?また来るんでしょ?」 と言われたって、そんなのわかんねえんだよ誰にも!

 

いまブログに書いたみたいな理由を語り散らしたらドン引かれると思って、「え~でもさ~ライブは私のライフワークだし~」 とヘラヘラ笑うことしかできない私を許してくれよ。ブログ見てないだろうけど。読まれてたらめちゃくちゃ嫌だけど。

 

あおでした。

 

サクラ

え、私、もう大学2年生になるのか。その事実にすごく驚いている。まもなくハタチですよ。お酒飲めちゃいますよ。ひえ~~。

 

この1年で、変わってないことを探すほうが難しい。強いていえば私の精神年齢は14歳くらいからずっと止まっている。まあそんなことが言いたいんじゃない。環境が変わるとなにもかも変わるよ。良くも悪くもね。

 

まずバイトを始めたこと。いちばん向いてないと思っていた接客業 (といってもコンビニ店員) を始めて、対人アレルギーはだいぶ薄まった。いまだに接客業は向いてないと思うけど、お客さん観察するの楽しいし。やり甲斐しかない。

 

バイトを始めたことで、ライブや旅行にたくさん行けるようになった。私のTwitterをフォローしている方は、ツイフィールを見ればわかると思うんだけど、そりゃもうライブ行きまくった。旅行も含めれば、この1年で東名阪ぜんぶ行った。全国ツアーかよ。

 

人間関係も変わった。中学や高校の友達とはたまにしか会えなくなり、LINEやTwitterで細々と生存確認をしている。正直さみしい。当然ながら大学の友達とよくつるむようになった。東京へも、大学の友達と赴いた。ただまあ、大学に入ったからといって彼氏はできない。

 

あと大きいのは、大学で好きな勉強だけをできるようになったこと。嫌いな体育も、苦手な数学も、やりたくなければやんなくていいし。得意分野しかなくて超絶楽しい。宿題キツいけどね。

 

 

ただ、自由になったぶん、甘えちゃいけないとは思う。授業サボって食堂でダベってようが勝手だけど、甘えたぶんの代償はきっちり自分で払わなきゃいけない。根がサボりたがりなので程よく手を抜きながら、でもきっちりやるべきことはやるように、自分を律するようにしてる。

 

 

今まで我慢しすぎてたのもあるけど、大学めちゃめちゃ楽しいです、私は。がんばってください。がんばりましょう、共に。勉強も、めいっぱい遊ぶことも、どっちも今しかできないと私は思ってる。だからきっちり真面目にやりつつ、然るべきとこで羽目を外したいのだ。両立しようぜ。

 

あおでした。