あおいろ濃縮還元

虎視眈々、日々のあれこれ

どうでもいいはなし

家にとてつもなくばかでかいフランスパンが2本ある。しかも、バット代わりにそのまま打席に立てそうなぐらいカッチカチに硬い。隙を見つけては少しずつフレンチトーストにしてるんだけどもなかなか減らない。パンを切るときの音がもう、ゴリゴリゴリ、って感じで、料理というよりDIYをしているみたいだ。

 

黄色の映えるピアスを親友に選んでもらい、私は親友に緑の効いたイヤリングを選んだ。次会うときに付けてくる約束をした。お互いに 「相手が選ばなさそうだけど絶対に似合うやつ」 を選ぶの、楽しかったからまたやりたい。そういえば、自分は物持ちがいいと彼女は言っていたけど、高2のとき色違いで買ったシャーペンはまだ持っているのか聞けばよかった。ちなみに私は、クリップ部分が折れたにもかかわらずいまだに使い続けている。

 

夏の帰り道、大学に咲いているあじさいを眺めながら歩くのと、生ぬるい夜風に吹かれながら『夏夜のマジック』を聴くのが好きだった。もうあじさいは枯れたけど、木々の葉っぱの先のほうがうっすら赤く染まりはじめていて、インナーカラーみたいでかわいい。いつから四季を楽しめる人間になったんだろう、年取ったかな。ぐっと冷え込んだ夜道に似合う音楽はまだ見つけられていない。

 

おまえに一人暮らしは向いていないと各所から言われまくるのだけど(自分でもそう思う)始めたら始めたで楽しめそうだとは思う。うまく回せるかは別として。いちおう自炊はするけどサラダ作るのは面倒くさくて、仕事帰りに最寄りのコンビニでレタスミックスみたいなやつ買って、店員さんに 「レタスの人」 で覚えられたりして、なんとなく適当に過ごすんだろうな。一人暮らし、したくないけどしたい。

 

最近よく書いてるこういうブログ需要ない気がするけど、私自身 「なんでもない日常をつらつらと書いていてそれなりに面白いけど読んだあとなにも残らない」 みたいな文章を読むのがすごく好きなので、未来の自分が忘れたころに読んでそんな気持ちになってくれたらいいなと思っている。

あおでした。

伏線

普段ぜんぜん病気しないくせに、めちゃくちゃ立て込んでる時ほど謎の発疹が出たり副鼻腔炎もどきになったり自分じゃ手当てしきれない怪我を負ったりする。しかも急に発症して、原因よくわかんないな~ってお医者さんに必ず言われて、とりあえず処方された薬で急に治る。なんなんだ。免疫力や注意力がべらぼうに落ちてるせいもあるけど、強制的に休まされてんじゃないのかなって最近は思う。

 

先日も跡が残りそうな感じの火傷を負って、まじで病院行く時間なさすぎて泣く泣く大事な講座をサボった。勉強ついてけなくなるからほんと勘弁してくれよ……と(自分で火傷したくせに)思ったんだけども、こうでもしないと私は心か体のどちらかが壊れるまで休まずに突っ走り続けるだろうし、なんか適度にストップかけられてる気がした。休めよおまえってことなのかな。嬉しくないけどありがとう。

 

こういうこと、変な人だと思われるからあまり人前で言わないようにしてるけど、私はいいことにも悪いことにも最終的に必ず意味があると思ってる。なんのためにこんなに苦しまなきゃいけないんだろうってことが、振り返ってみると自分の成長に必要だったことはよくある。ぜんぶ人生における伏線なのだと思ってる。いつか回収するための。

 

それにしても火傷はいらないと思うけどな!!跡が残ってしまったら自分の手嫌いになりそうだから絶対治したい。がんばってくれ日本の医療と私の細胞。

 

あおでした。

未明

「本日未明に発生致しました地震の影響でダイヤに乱れが生じております」 とアナウンスが告げる。未明、ってなんかいい日本語だな、と見当外れなことを思う。小川未明という名前の作家がいたっけ。

 

昨夜のそれこそ未明、震度4ほどの地震で目が覚めた。なんできまって夜に、寝静まっている頃にばかり来るんだろう。神様も趣味が悪い。やっと真っ暗ななかでも眠れるようになったのに、いつまで 「明日の朝は来ないかもしれない」 「二度と目覚めないかもしれない」 と思いながら寝なきゃならないんだろう。いつまで毎晩死ぬ覚悟を決めてしまうんだろう。

 

夏休みも今日で終わる。といってもバリバリ学校には行きまくっているから、夏休みって感じもしない。いまだってこれから授業があるし、終わればすぐバイトに行く。あっけない。今年の夏は思ったよりも寒くて、全然出番のなかったワンピースを悪あがきのように着る。

 

本日のBGMはMy Hair is Badで『夏が過ぎてく』『永遠の夏休み』の二本立て。もう学校に着くのでイヤホンを外す。楽しかったな、夏。

 

あおでした。

 

「晴々」 曲名カウントしてみた

コブクロの新曲『晴々』に出てくる曲名カウントしてみた、の回です。

 

結成20周年を記念して、小渕健太郎の地元・宮崎でおこなわれたアニバーサリーライブ。アンコールで初披露された新曲『晴々』のなかに、そりゃもう過去の曲をほのめかす歌詞がふんだんに盛り込まれていて。

 

がっつりタイトルが入ってるもの、歌詞の一節が入っているもの、暗にほのめかしているもの、などなど一通りカウントしてみました。

 

 

歌詞の全文は公式サイトで読めるので、どうぞこちらで。↓

KOBUKURO 20th Anniversary

 

 

では参ります。

 

 

 

 

今も 遠くで聴こえる→『遠くで』

共に駆け抜けた時の 足音→『時の足音』

 

アスファルト押しのけて→『桜』

ここにしか咲かない花の 蕾に変わった→ここにしか咲かない花』『蕾』

心のDOORを叩いた→『心』『DOOR』

 

虹の真下へ 伸びてく轍→『虹の真下』『轍』

今と未来を繋ぐ 奇跡のバトン (HELLO)→『今と未来を繋ぐもの』『奇跡』『バトン』『HELLO, NEW DAY』

 

ポケットの中 潰れそうだった夢→『月光』

育つことのなかった MY LIFE&DREAM→『LIFE』

片隅で歌う 願いの詩を→『願いの詩』

 

どんな空でも 蒼く優しく→『どんな空でも』『蒼く優しく』

この世界を照らし続ける 光→あの太陽が、この世界を照らし続けるように。』『光』

 

僕は 風にでも鳥にでもなる→『風』『風見鶏』

いつも 向かい風探し→『向かい風』

また飛び立つのさ ココロの羽で→『ココロの羽』

 

 

 

ざっとカウントしてみたところ、少なくとも計24曲が盛り込まれているのではないかと。

 

『月光』はちょっと怪しいかなと思ったけど、「強く握りしめたまま ポケットの中 潰れそうだった夢」 ってもう『月光』じゃないですか?

 

「もしかしてこれも入ってない?」 っていうのがあれば随時追加&更新していくのでよろしくお願いいたします。

 

24時の配信開始に向けてさっそくiTunesカード買いました。たのしみ。

あおでした。

 

※9/17追記…24曲だとカウントしましたが、公式コメントの小渕さんによれば 「曲名を20曲入れた」 そうです。20曲だそうです。

 

ベストオブ水辺

港町が好き。小樽、横浜、ベネチア。旅行にいくとき、特に心惹かれるのはきまって港町だ。港というか水辺が好き。運河、川、海、湖や池までも好き。ポケモンでも、いつもミズゴロウポッチャマをパートナーに選んでいた気がする。

 

なんでこんなに惹かれるんだろうと思ったら、そういえば私の名前の由来は海だった。私の本名は、ハワイの青い海をイメージして付けられたらしい。ハンドルネームが 「あお」 なのもそこから来ている。

 

私が年老いて死ぬ頃には、遺骨を好きな場所に撒いてくれる散骨ビジネスなんかがもっと発達して、世界のどこでも一律の料金で散骨してもらえるようになるかもしれない。みなとみらいでもワイキキビーチでもどこでもいいけど、どこか美しい水辺に散骨してほしいな。老後までにどこの水辺がいいかゆっくり考えておこう。

 

ただ水辺水辺言ってても全くよさが伝わらないので、ここ数年の旅先で見つけたベストオブ水辺を適当なコメントとともに貼ります。脳みそからっぽにしてどうぞ。

 

 


f:id:bloomsky:20180914232318j:image

ハワイはオアフ島のどっかの海。ワイキキビーチではない。サーフボードは全然知らないおっちゃんのやつ。

 


f:id:bloomsky:20180914232329j:image

イギリスのウィンダミア湖クルーズ。途中で隣に英国版真剣佑みたいなド美青年が座ってきて湖どころじゃなかった。後半は私だけブロンド美青年クルーズを楽しんでいた。

 


f:id:bloomsky:20180914232312j:image

みんな大好き小樽運河。これ撮ってる横で50オーバーの熟年夫婦がめちゃくちゃキスしてた。

 

 

f:id:bloomsky:20180914232956j:image

愛しのヨコハマシティ。観覧車と赤レンガ見えるからたぶんみなとみらい。

 

 

f:id:bloomsky:20180914233439j:image

どこだろうここ。

 


f:id:bloomsky:20180914233434j:image

イタリアのベネチア。でもいわゆるベネチアンゴンドラじゃなく、

 


f:id:bloomsky:20180914233442j:image

なんかこういうちょっとでかめのクルーザーに乗ったんですよね、

 


f:id:bloomsky:20180914233437j:image

潮風浴びながらエスプレッソが飲めた。オシャレ偏差値8000ぐらいあった。スカウターが爆発するレベル。

 


f:id:bloomsky:20180914233432j:image

正真正銘ベネチアンゴンドラからの眺め。一歩間違えたらぶつかりそうな狭~い水路をひたすら漕いでもらった。テンション上がりすぎて 「ディズニーシーの本物じゃん!」 って死ぬほど頭悪いこと言った。船頭さんが日本語わかんなくてよかった。

 


f:id:bloomsky:20180914232323j:image

この黒いボートと船頭さんかっこよすぎない……?!!

 

 

いいでしょ、水辺。どこだかよくわかんなかった海の写真は、記憶が正しければ北海道の銭函かな。小樽の近く。あと写真はないけど好きなのは美瑛の青い池、積丹岬、ワイマナロビーチ。いつか行ってみたいのは江ノ島厳島神社

 

イチオシの水辺があれば教えてくださいね。あおでした。

 

ゆめゆめ忘れては

長い夢をみていたような、まだ夢のなかにいるような。

 

木曜の早朝に地震が発生し、金曜の朝には水道、夜には電気が復旧。土曜からは交通網が機能し、コンビニやスーパーに品物が並びはじめた。月曜から学校が再開したものの大事をとって休んだので、本日火曜日、久々に学校とバイトへ行った。

 

地元のスーパーにはまだ肉も魚もなければ、レタスなどの新鮮な野菜もない。乳製品もあまり並んでいなかった気がする。ただそれは、田舎ゆえ物流が滞っているせいもあると思っていた。

 

昼食を買うために入った街のコンビニは、おにぎりはもちろん弁当もパンも、お茶と水以外の飲料も全然なかった。ガラッガラ。幸いひとつだけ残っていたジャムパンを買えた。比較的恵まれている街中ですらこうなのだから、甚大な被害にあった地域はどうなっているんだろう。

 

電気もガスも水道も使えて、ケータイの電波も通じて、一応は食糧も手に入る。学校もバイトも再開した。少しずつ元通りになっていく日常に、ふとしたところで爪痕を見つける。悪夢でもみていたのだろうか。それともまだ夢のなかにいるのだろうか。不思議な気分になる。

 

バイト先でまかないを食べたとき、ちょっと泣きそうになった。茹でたささみがたっぷり載ったサラダ。ソーセージ以外の肉を食べるのも、玉ねぎ以外の野菜を食べるのも地震が起きて以降初めてだった。あのとき感じた底知れぬ恐怖は忘れたいけれど、こういう気持ちは絶対忘れちゃいけないと思った。

 

あ、サラダしか出されてないわけじゃないよ。メインディッシュもちゃんとあったよ。ここぞとばかりにちゃっかりコーラも飲んでおいたし。

 

どんどん生活が良くなってきているので、また大きな余震が来ない限りは大丈夫です。あおでした。

 

流る

地震発生直後は気が立っていてエネルギッシュでいられたのだけど、ライフラインが軒並み復旧し、すでに平和に過ごせている現在、沸々と不安が襲ってくる。

 

暗闇の中で眠れなくなった。一人でいるのが怖くなった。シャワーを浴びるのも怖くなった。静かな空間にいると嫌なことを考えてしまうので、普段見ないテレビをつけたり、いつもはイヤホンで聴いている音楽をスピーカーで流したりしている。今日はR&Rバンドワゴンのアーカイブをずっと漁っていた。これを書いているいまも引き続き聞いている。たぶん、自分で思ってたよりも大丈夫じゃないんだな。

 

しっかりしなきゃ、みんな不安なんだから私が受け止めなくてどうするんだって、必要以上に思ってしまっている。実際に家族のメンタルをケアできるのは私しかいないわけで、仕方ないんだけど。人のことばっか考えてじゃあ私のメンタルは誰が守ってくれるんだよって、深刻にならないようにわざとアホっぽく振る舞ってみたりしながら泣きたくなる。

 

早く友達に会いたいけど、きっと素直に怖かったって言えない。水道が止まって弟がトイレを詰まらせた話とか、やっと卵買えたと思ったら祖父も卵を持ってきて2パック消費するハメになったこととか、茶化した話しかできないと思う。ほんとはぐちゃぐちゃに泣きたい。茶化したり気丈に振る舞っちゃう自分を見たくないからいまは友達に会いたくない。親友以外会いたくない。

 

油断しきっている時がいちばん危ない。このまま過ぎ去ってくれることを願っているけれど、また眠っている間に地震が起きたら、今度は家が崩れたり二次災害が起きたら、って、なんでもない幸せを噛みしめるたびに怖くなる。私が遺体の身元確認を見据えてずっと同じアクセサリーをつけていることも、少しずつパソコンやスマホのデータを整理していることも、ぜんぶ無駄になればいい。あのとき星が綺麗だったねってただ懐かしめるようになればいい。